ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

サイサイ、わーすたも手がけるスタイリストに聞く! アイドル衣装制作の魅力とは?

数々のアイドルが活躍する今。

 

彼女たちが着こなす衣装を見て「かわいい!」と思ったことがある人も多いのでは?

 

でも、そんなアイドルたちの衣装を作る仕事には、いったいどうしたら就けるんだろう?

 

そこで、人気ガールズバンド「SILENT SIREN(以下、サイサイ)」や、国内外で“KAWAIIジャパンアイドルカルチャー”を発信するアイドル「わーすた」などの衣装を手がけるスタイリストの竹内遥香さんに話を聞くことに!

 

▼高校時代の進路選択▼

 進路に迷ったとき、「洋服が好き」という気持ちにあらためて気づいた

 

▼衣装製作者になる方法▼

 「自分を変えたい」という想いが夢を見つけるきっかけに

 

▼衣装製作の仕事の流れ▼

 パフォーマンスに合わせて細かく衣装を作る

 

▼衣装製作を仕事にする魅力▼

 大変な制作のあとには感動の光景が!

 

▼高校生の今からできること▼

 自作しながら作業に慣れて、楽しむことが大切

 

▼高校時代の進路選択▼

 

 進路に迷ったとき、「洋服が好き」という気持ちにあらためて気づいた

 

まず、竹内さんが衣装制作の仕事をするようになったきっかけを聞いてみた。

 

サイサイ、わーすたも手がけるスタイリストに聞く! アイドル衣装制作の魅力とは? 「私の場合は、高校卒業後に文化服装学院という服飾の専門学校に入学したことが大きかったですね。

 

といっても、もともと服飾系の道を目指していたわけではなかったんです。

 

私の通っていた高校は進学校だったので、最初は普通の大学に行くつもりでした。

 

でも、オープンキャンパスに行っても、進みたい学部や学びたいことが全然具体的に見えなくて…。

 

『自分が好きなことってなんだろう?』ってあらためて考えたときに、『そういえば私、小さいころから洋服が好きだったな』って気がついたんです。

 

それで、母を説得して服飾の専門学校に入学することに決めました」

 

幼稚園のころから洋服に興味があり、当時大好きだったアイドルの衣装をお母さんに頼んで作ってもらったこともあるという竹内さん。

 

ただ、自分で服を作った経験はまったくなかったという。 「高校を卒業するまでは、Tシャツのリメイクなども含めて、服を作った経験はまったくありませんでした。

 

だから、専門学校に入ったあともミシンを使うことに苦手意識があって、できるだけ縫う授業が少ないコースを選択したんです。

 

でもある日、ふと『このまま、ただ授業を受けてるだけで、本当に自分の身になるのかな?』と不安になってしまったんですよね。

 

私は先生から言われたことをやるだけの“受け身の学生”だったので、授業内容が身についている気がしなかったんです」

そう思った竹内さんは、自分の学校とガールズバンドのサイサイがコラボして衣装制作を行なうプロジェクトに参加することに!

 

サイサイ、わーすたも手がけるスタイリストに聞く! アイドル衣装制作の魅力とは?

※SILENT SIREN 「学校で、衣装制作のプロジェクトに参加する学生を募集してると知って、思い切って参加してみたんです。

 

縫うことは相変わらず苦手だったので『自分に衣装制作なんてできるのかな』と不安でしたが、当時の私は『何もできない今の自分を変えたい!』という気持ちが大きかったんだと思います」

 

サイサイ、わーすたも手がけるスタイリストに聞く! アイドル衣装制作の魅力とは?

 

▼衣装製作者になる方法▼

 

  「自分を変えたい」という想いが夢をみつけるきっかけに

 

思い切って参加したサイサイの衣装制作。

 

これが、将来を決める大きな一歩に。 「当時はまだ1年生だったので、最初はお手伝い程度だったのですが、先生や先輩に衣装の作り方を教わっていくうちに、まかせてもらえることが増えていきました。

 

“受け身”ではなく、自分から積極的に『学びたい!』と思って質問していたので、苦手なミシンも身についたのかもしれませんね。

 

私たちの役割には、衣装を作る以外にもステージ裏で早着替えのお手伝いをしたり、脱いだ衣装を洗濯したりする“ワードローブ”というものもあって、『衣装制作ってこんな仕事なんだ』『縫うだけじゃないんだ』というのをそこで初めて知りました。

 

大変なことも多かったのですが、自分がかかわった衣装がステージに上がっているのを見たときは、充実感でいっぱいでしたね。

1 2 3次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy