体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

NO MORE MUSIC Issue : 90’S TOKYO BOYS feat. Hiroshi Fujiwara

90s_1_NeoL_Photography : Takuya Nagata | Styling : Masako Ogura | Hair&Make Up : Katsuyoshi Kojima | Edit : Ryoko Kuwahara | Model : Leo

OKAMOTO’Sのニューアルバム『NO MORE MUSIC』が8月2日に発売されるのを祝して、NeoLでは収録曲10タイトルにインスパイアされた10記事とイメージヴィジュアルを1ヶ月にわたって随時掲載していく。記念すべき初回には、90年代生まれのOKAMOTO’S が、90年代から東京カルチャーを牽引し続ける藤原ヒロシをゲストに迎え、“90’S TOKYO BOYS”をテーマに対談を敢行。

レイジ「おはようございます!」

藤原ヒロシ(以下HF)「格好がチンピラみたいだね(笑)。ハマくんは清掃員っぽいし、THE ALFEEみたい」

——えっ、THE ALFEE?

HF「一度だけライヴに行ったことがあるんですよ。坂崎(幸之助)さんがフォーク好きで、僕もフォークを通っていたから話をして、渋谷公会堂のライヴに呼ばれたんです。楽屋に行ったら、坂崎さんがクラッシュの完コピみたいな格好をしていて(笑)」

一同爆笑

レイジ「何年くらいのことですか?」

HF「90年代だと思う。僕の中のイメージと随分違っていて自由だったから、この振り幅はTHE ALFEEかOKAMOTO’Sかということで」

——なるほど(笑)。いきなり90年代の話に突入しましたが、改めまして、今回はOKAMOTO’Sの特集ということで、リードトラックとなる“90’S TOKYO BOYS”をテーマに対談をお願いできればと。

HF「“90’S TOKYO BOYS”にはあまり興味がないかな。アルバムは前半も良い曲はあったんですが、後半6曲目からの流れが素晴らしい」

——前提として、前作の「BL-EP」同様、今作も藤原ヒロシお墨付きということでよろしいですか?

OKAMOTO’S(凝視)

HF「はい(笑)。世の中に生々しさが欠けているなか、このアルバムの生々しさは素晴らしい」

——どういう意味での生々さですか? 楽器の部分でしょうか?

HF「楽器も、音質的なものも全て含めて。変な話、僕は日本人にSuchmosを求めないというか。Sachmosってすごくいいんだけど完成されすぎていて、フワ~ッと洋楽がラジオから流れてる感じ。インターナショナルの正統派の音楽より、生々しいほうがいい」

——生々しいという感想ですが、OKAMOTO’Sとしてはそこは考えていました?

レイジ「歌詞も大分変わったからですかね」

HF「英語が多いのは鼻につきますね。日本語にしたら女々しすぎるようなことを、格好よく英語で歌ってやがるという(笑)」

ショウ「あはは! まさに狙って女々しくしている部分もあります。ここ最近邦楽に英詞が増えたと思いますが、あまりおもしろくないものが多い気がしていて。俺だったらもっとおもしろく書けるぞと(笑)」

レイジ「半分母国語だしね」

——声や歌い方も随分違いました。

ショウ「前より叫ばなくなりました。もう少ししゃべり声に近い感じで歌っているので、それもある意味生々しいのかもしれないです」

コウキ「音で言うと、何回も丁寧に録ったりはしてないので、そういうラフさはあるかもしれません」

レイジ「今回は基本的にベーシックは1、2回しか録ってないんです。バーッとやって『いいんじゃない?』という感じだったので」

ショウ「あと、一番簡単なコードしか使わないで曲を書いているような人たちが、わからないまま難しいコードを使っているような偽物っぽい感じにあえてしているので、それも大きいかもしれない」

HF「偽物っぽいけど、メジャーセブンを多用していたり?」

ショウ「まさしく(笑)。理論ではなくフィーリングのまま使っているところが、いわゆるきちんとした上質な音楽ではなくしている」

HF「確かに本物のディスコやR&Bを好きな人がこのコードでこの音楽をやっても面白くないけど、ロックというか若いOKAMOTO’Sのようなバンドがやるからこそちょうどハマっている。上手い人がやっちゃうと単なるフュージョンになるし、すごく難しいんですよ。山下達郎の追っかけのようになったり、LAっぽくなってしまったり、大抵“〜っぽく”にしかできないけど、これはOKAMOTO’Sにしかできないものになっている。曲順も良かったけど、誰が決めたの?」

レイジ「大部分は俺ですね。レコードで考えて、6曲目以降がB面になるという。あとざっくり言うと、A面は全部ショウ作曲で、B面はコウキが圧倒的に多い」

HF「そうなんだ。じゃあ僕はB面派だから、コウキくんと仕事したほうがいいってことですね(笑)。リード曲は?」

ハマ「”90’S TOKYO BOYS”です。”NO MORE MUSIC”もMVを撮るので、セカンドリードのような扱いです」

レイジ「“BROTHER”と“NEKO”もアルバムより前に出ているので、リードと言えばリードですけど」

90s_3_NeoLphotography : Takuya Nagata | edit : Ryoko Kuwahara

——“BROTHER”はもう懐かしいくらいですよね。よくアルバムにハマったなというくらい4人の進化が激しい。

ハマ「全体のきっかけになった楽曲が“BROTHER”で、“NEKO”が今回の色を決定づけた」

HF「自分たちの中では2年前くらいからガラッと変わった感じがある?」

ハマ「いまのアルバムの方向性に変わったのは『BL-EP』がきっかけで、ロックバンドとしての方向性は“BROTHER”をリリースしたときですね。いわゆる歌えるリフみたいなもののループがあって、一気に曲調が変わるという手法を掴んだ感じがありました」

HF「ロックバンドとしての方向性ということだけど、自分たちをロックバンドと思っているの?」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。