体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きっちり酔える! ストロング系缶チューハイ4種『氷結ストロング』『ビターズ』『もぎたて』『-196℃ ストロングゼロ』を定番レモン味で徹底比較!(2017年6月現在)

蓋を開けたらすぐ飲めるRTD(Ready To Drink/レディ・トゥ・ドリンク)アルコール飲料の代表といえば缶入りチューハイ。一時期ライトタイプが流行したが、今ではコスパ的にもきっちり酔える”ストロング系”が人気。今回はその代表ブランド4つ『氷結ストロング』『ビターズ』『もぎたて』『-196℃ ストロングゼロ』を定番レモン味で検証してみることにする。また同時に人気の新味にも触れてみた。

しっかり酔えなきゃコスパが悪い! アルコール分7%以上のストロング系缶チューハイが魅力的な理由

 

プシュッとすればそのまま飲めて人気の缶チューハイ。コンビニなどでも簡単に入手可能で、変わり味の新製品も続々投入されることから気軽に飲めるのが魅力。

ところが最近は新製品が溢れかえり、だんだん選ぶのも大変になってきた。特に変わり味となると期間限定・数量限定も当たり前。気に入っても次に店に行くと姿を消していることもしばしば。新しいものに目が行きがちなのは当然だが、ここは一つ、原点に立ち返り、人気ブランド4種の味わいを確かめてみたい。

 

 

選んだのは定番中の定番、レモン味。サワーにしてもEXILEメンバーが愛してやまないのはレモンサワー。コーラにしてもカクテルにしても基本の第一添加物として選ばれがちで、万人向けなレモン味に絞って比較してみる。

 

 

ちなみにチューハイとサワーを混同している人も多いかもしれないが、その差は甘みがあるかないかが原則。サワーはシロップなどで甘くなっている学生が新歓コンパで飲みすぎて気持ち悪くなることの多いタイプで、チューハイは本来焼酎を炭酸で割ったものなので糖分を含まず悪酔いしにくいのが特徴。ただ最近のチューハイは甘味をあえて加えているものや、焼酎の代わりにウオッカや醸造用アルコールなどを使用しているものもあり、あまりあてにはならない。そのために今一度検証が必要になるというわけだ。実際問題今回紹介する4ブランド、全てがウオッカベースということになっていた。

 

 

またアルコール飲料であるからには、一本でどれだけ酔えるかというのも大切。低アルコールで飲みやすのはいいが、一本では済まなくなってしまうとコスト的にも本末転倒。なので今回は一般にアルコール分7%以上と言われているストロング系に絞って比較してみる。

 

 

それでは実際に飲んで確かめていってみよう。

 

■キリンビール『キリン 氷結ストロング シチリア産レモン』

(350ml・実勢価格 税込132円・2017年4月リニューアル発売)
アルコール分:9%/糖類ゼロ
原材料:レモン果汁・ウオッカ・酸味料・香料・甘味料(アセスルファムK)

ほとんどの果実ジュースが輸送コストを削減するなどの理由で水分を飛ばして濃縮した果汁を後で水を加えて戻す、濃縮果汁還元タイプだった中、2000年代に入ると、香りだちの良さや果汁本来の美味しさを味わうためのそのまま絞った果汁を使用するストレート果汁タイプのジュースが増えた。

 

 

その流れで缶チューハイもまた、濃縮果汁還元タイプが自然と主流だった中、果実から果汁を絞りストレート果汁のまま凍結させ、熱を加えずに解凍するという独自製法で果実の美味しさや香りを再現することに成功して大人気となったのが、「氷結」シリーズ。

 

 

元々は「氷結果汁」というネーミングで2001年に誕生したが、清涼飲料水と誤認を招くとの苦情から2002年から「氷結」に。そんな氷結は元SMAP・中居正広出演のCMでも話題になったリニューアルをシリーズ全体で遂げたばかり。「氷結ストロング」も同様に今年4月にリニューアルした。

 

 

「氷結」全体に言えることだが、その最大の特徴はベースにウオッカを使用していること。そもそもはキリンビールの工場が焼酎製造の免許を持っていなかったことからの苦肉の策だったが、焼酎よりもクセのないウオッカの採用は、かえって果実味を際立たせることになり、成功の一因となる。そのため、当初は焼酎ベースが主流だった缶入りチューハイの、ベースは何でもありという歴史を作り上げた張本人でもある。

また缶のルックスも独特で、NASA技術を使用した凹凸のあるダイヤカット缶は、開けた時の音でも差をつける。ただ飲んでいる時はいいのだが、複数本飲んでゴミ袋に入れておくと、ゴミ出し時にかなり賑やかになる。

実際にプルトップを押し込んでみると、確かに香りの飛びが良い。居酒屋なら向かいの席の人間の鼻に届くほどのすっ飛び具合。キレのある炭酸とともに喉に流し込むと、強烈な酸味とともに表情がシチリアン・マフィアのような渋い顔になるくらいの苦味が襲いかかる。

 

 

特有のカラカラ音のする缶を傾け飲んでいくと、不思議と舌の奥に甘みが残るのは気になる。原材料トップにレモン果汁が来るほど、果実を最大限にぶち込んだその姿勢には恐れいるが、果実以外の苦味もかすかに感じてしまう。氷を入れて飲めば気にならないのかもしれないが、缶のままいくと気になるかも。

1 2 3 4 5次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。