ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

厚さ7.9mm・Snapdragon S4搭載「HTC One S」開封の儀

HTCの2012年モデル第一弾「HTC One S(Z520e)」を入手したので早速開封の儀を執り行います。HTC One Sは、HTC初の統合ブランド「HTC One」の一つ。”ハイエンドながらもコンパクトさを求める方”向けとされています。同じくHTC OneシリーズのHTC One XがクアッドコアTegra 3を搭載したことでフラッグシップと見られていますが、実はHTC One Sもかなり高性能。バッテリーの持ちは良く、薄くて軽い。HTC One Xと並んでエース級の端末だと思います。HTC One Sのスペックはこちら。今回入手したHTC One Sは英国SIMフリー版のブラックカラーです。英国の通販ショップ「Handtec」で購入しました。価格は349ポンド(約45,000円)。送料(£25だったと思う)や通関手数料(2,000円)を含めると、購入にかかった費用はトータル5万円といったところです。HandtecはGoogle Walletが使えて、日本にも直送してくれる、そこそこ仕事が速いということで、たびたび利用しています。ちなみに、HTC One Xを同じく英国のCloveに注文しており、どちらが早く到着するのかなぁと勝手に競わせてみたところ、同着でした。どちらもDHLを使用。

では早速開封していきます。まず箱なんですが、昨年モデルから大きく変わりましたね。スライドして空ける方式の四角いものから、蓋をを外す方式の丸いものになっています。

同梱品は、HTC One S本体、microUSBケーブル、ヘッドセット、UKプラグ、取扱説明書や保証書のみ。HTC One SにmicroSDカードスロットはないので、microSDカードは付属していませんでした。また、ヘッドセットはBeatsブランドのものではなくHTCブランドのものでした。

コードはきしめんのようにフラット。絡まりにくいと思います。

HTC One Sに限らず、HTC Oneシリーズはスッキリとしたデザインになりと思います。左の端末は昨年モデルのHTC Sensationなんですが、HTC端末のある意味特徴となっていたメカニカルな感じが無くなり、全体的に洗練されたような印象のものとなっています。

背面もシンプルになりましたね。

また、かなり薄くなりました。HTC One Sの厚みは7.9mm。まさかこんなに薄い端末がHTCから出てくるとは・・・結構感動しています。ちなみに質量は119g。

ボタンも変わっています。HTC One Sでもタッチセンサーボタンが採用されていますが、Android 4.0向けの配置となっています。左から戻る、ホーム、最近起動したアプリ一覧です。

多くのアプリではメニューボタンが画面上に表示されたりします。

HTC One Sのシャーシはユニボディ構造となっています。手触りは同じユニボディ構造のDesire Sと似ていますが、HTC One Sの方が少しザラザラした感じがします。

起動時のロゴには「HTC One」のブランドに。カメラ・オーディオなんでもこれ1台でOKという意味で名前に”One”が使用されたそうです。

バックカバーは、写真のように、カメラ周りの一部分のみが外れるようになっています。バッテリーは取り外せません。

ここにはSIMスロットがあります。挿せるのはiPhone 4/4Sに見られるmicroSIM規格のカードです。

本体左側面にはmicroUSB端子。

上側には3.5mmヘッドホンジャックとPOWERボタン、ノイズ低減&ステレオ録音用のマイク。

右側面にはボリュームボタン。Desire HDのようにボタンストロークが短くて、若干押しづらい感じがします。

下部には通話用マイクのみ。

HTC One Sの画面サイズは4.3インチ、解像度はqHD(960×540ピクセル)。Super AMOLEDが採用されています。HTC製品でAMOLEDパネルが使用されるのはかなり久しぶり(Nexus One、Desire、Incredible以来だったかな。約2年ぶりですね。)。やはり従来のLCDよりも表示が色鮮やかに見えます。

OSはAndroid 4.0.3(ICS)、Senseバージョンは4.0。Sense 4.0でも多くのアニメーションが使用されていますが、全体的にSense 3.xと比べてシンプルになった気がします。フォントが変わったことも大きく影響しているかも。端末のハードウェア性能が向上したこともあってか、UIの動きはかなり滑らか。ラグというものがほとんど感じられません。

HTC One Sの物理的なストレージは16GBのフラッシュメモリだけ。microSDカードによる拡張は不可です。アプリ領域はMAX2.21GB。ユーザー領域はMAX9.93GB。あと、HTC One SからDropboxにログインすると、Dropboxの25GBのスペースが無料で2年間利用できます。

昨年の秋モデルで採用されたBeats Audioサウンド技術。昨年モデルではHTC純正の音楽アプリでしか機能しませんでしたが、HTC One SではYouTubeなどその他のアプリでも機能するようになっています。Beats AudioのON/OFFはステータスバーのアイコンで行うことができます。

HTC One SのRAM容量は物理的には1GBですが、空き容量は328MBと、GB RAM端末にしては少し低め。問題と言うほどではありませんが。

 カメラUIも一新しました。シンプルになったので各機能が使いやすくなったかと思います。静止画と動画のボタンがそれぞれ横並びで配置されており、それぞれモードの切替が不要になりました。静止画ボタンを押し続けることで連写することができます(毎秒4コマでずーっと)

HTC One Sのバッテリー容量は1,650mAh。フル充電後、3時間の使用で残り81%(図左)。この間セットアップしてたり、ベンチマークアプリを多用していたことを考えると、長持ちな方ではないかと思います。バッテリーが9%になるまで約17時間20分(図右、就寝時間も含みます)。寝ている間の消費も結構低いようです。

Quadrantベンチマークのスコアは素で圧巻の5,000越え。CPU、RAM、I/O、2D/3Dの全てにおいて高いスコアを出しています。全体的に性能が向上したようです。

1 2次のページ
juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。