体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『い・ろ・は・す』の水源を巡る旅で富山の滋味を古民家で味わう ボートで水上散歩も

『い・ろ・は・す』のパッケージがリニューアル。基本、中身は水なので内容に変化があるわけではない。だが見た目が変わったことを記念して、コカ・コーラ社が“より『い・ろ・は・す』を知る旅”を企画した。そもそも『い・ろ・は・す』って名前からは、どこの水なのかさっぱりわからない。水源がどんな場所なのかを知ることで、より美味しく飲んでもらおうという狙いだ。

いろはすの水源は6つある。北海道、岩手、富山、山梨、鳥取、宮崎。今回、旅先に選ばれたのは富山だ。VR動画でも、水源の様子を見ることができる。
https://www.i-lohas.jp/movie/drop/movie.html

【い・ろ・は・す】一滴のしずくの旅 富山県 庄川の名水探訪(YouTube)
https://youtu.be/aOzmIKWoEyU

VR動画でも伝わってくるが、緑一面の大自然が広がる富山。混じりけのない天然空間を肌で感じるため、サブカルライター・モトタキが突撃した。

そんなわけで、やってきました“富山県新高岡駅”。東京から富山まで直通新幹線があるおかげで、電車の連絡はらくちん。いい時代になったもんだ。

それにしても見渡す限り緑しかない。都会の薄汚い空気に慣れ親しんだ人間からすれば異世界に迷い込んだ気分だ。道端に流れている水すら飲めそうなほど綺麗なのだもの。

砺波の水をしっかり味わう“農家レストラン大門”

明治30年に建設された、砺波地方特有のアズマダチ家屋を改装した“農家レストラン大門”。築120年の古民家を、その装いはなるべく残したままレストランとして営業。家の周りには防風林である杉が植えられている。

このあたりは風が強いので、どこの家でもこうやって防風林を植えるそうだ。

玄関にある棚のような物は、腰掛けるためのものではなく年貢などを置いておくスペース。このように、今は失われた日本文化を感じるモノがあちらこちらに散見される。

見渡しただけでも、「なんだこれ」と不思議に感じる。でもどこか懐かしいモノがあふれている。この建物に住まっていた先人たちから継がれてきた伝統が、確かにある。

自然と和む空気が満ち足りた空間で、この土地ならではの食材をふんだんに使った膳が運ばれてくる。

膳の器の朱器も百年ものだという。もうこれだけで、楽しい。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy