ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

目の前にポークリブが1キロがある。さて、どう料理してくれようか

f:id:Meshi2_IB:20170613105346j:plain

デカい肉って見るだけでテンションがあがりますよね。

見た目にも豪華ですし、切ると肉汁がじゅわーーーっとあふれるところなんか、薄切り肉ではなかなか味わうことの出来ない、塊肉ならではの醍醐味(だいごみ)です。

子供のころに「メロンを丸ごと1個」とか「ケーキを1ホール」なんてことに憧れたもんですが、大人になると肉塊を1本独り占めできる……大人になってよかったなぁと思う瞬間です。

というわけで、肉へのトキメキを求めて、先日ネット通販で買い求めた肉箱(肉のびっくり箱)にこんなものが入っていました。

f:id:Meshi2_IB:20170601112030j:plain

1キロちょいのポークリブです。

これまで何度か塊肉を調理してきたものの、こんなものを手に入れたのは初めて。が、冷凍庫にあるからには調理せねばならぬ! というわけで、ポークリブの食べ尽くしに挑戦してみました!

スペイン語なのでよくわからないですが、イベリコ豚のスペアリブと解読できます。

イベリコ豚といえば餌にドングリを与え、肉の脂に甘みがあるのが特徴です。

これをどうやって調理してやろうか。

スペアリブは、うま味の多い赤身肉と脂肪が層になっているバラ肉の部分で、骨周辺の肉は特に味がいいと言われています。骨を持ってかぶりつく、という豪快さを味わうためにも、そのままタレに付け込んで焼いて出されることが多いですが、煮込むと、その濃厚なうま味を溶け出さしてよりおいしく味わえるんだとか。

そういや、バーべーキューなんかで焼いただけのスペアリブって、どうしても硬くなりがちですよね。もちろん柔らかくするための下処理をするって方法もありますが、ちょっと面倒くさい。

とりあえず3等分してみた

f:id:Meshi2_IB:20170601112036j:plain

とりあえず3つに分けました。

2ブロックは大きめで、残りのひとつはやや小さめに。

一品目【ポークリブの炊飯器煮込み】

ポークリブ(好きな分だけ) 水 酒 酢(あれば、お好みで) ケチャップ 中濃ソースやウスターソースなど

f:id:Meshi2_IB:20170601112051j:plain

まずは一番大きな塊を、ごく少量の油を敷いたフライパンに投入。

すると溶け出すように、どんどんと脂が出てきます。

f:id:Meshi2_IB:20170601112058j:plain

ちょっと焦げ目がつくくらいに両面を焼きます。

f:id:Meshi2_IB:20170601112106j:plain

そして炊飯器にイン。

塊肉を柔らかく煮るには、「長時間コトコトを煮る」「圧力鍋を使う」などの方法があるのですが、一番簡単なのはこの「炊飯器で炊く」という方法

保温で長時間じっくりと熱を通す方法もありますが、それだと時間が掛かりすぎるので、わたしはいつもスイッチオンで炊いてます。

圧力が掛かるおかげで、なんの手間もなくお肉が柔らかくなるんです。

f:id:Meshi2_IB:20170601112102j:plain

料理酒、ハチミツ、米酢を回し掛けしたところに、ひたひたになるくらいの水を注いでスイッチオン。

f:id:Meshi2_IB:20170601112111j:plain

炊飯している間に残りもやっつけてしまいましょう。

2品目【ポークリブと大根のスープ】

ポークリブ(好きな分だけ) 水 味覇や塩コショウなど(お好みで)

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。