体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4パターンの「利き脳」で分かる、自分に合った収納方法。あなたはどのタイプ?

4パターンの「利き脳」でわかる、自分に合った収納方法。あなたはどのタイプ?

「片付けても片付けても、すぐにリバウンドしてしまう」「雑誌や本にのっている収納テクニックをそのままマネても、なぜかうまくいかない」「私は片付けられるのに、夫や子どもが片付けられない」……。日本ライフオーガナイザー協会が運営するウェブマガジン「片づけ収納ドットコム」の編集長をつとめる筆者は、そんな読者のお悩みをよく耳にします。片付かない理由って、何なのでしょうか? 片付けのプロである「ライフオーガナイザー」の自宅を実例としてご紹介しながら、その原因を探ります。

片付けに”唯一の正解”はない。”私にとっての正解”があるだけ

片付けでお悩みの方のなかには、「片付けには“唯一の正解”があって、片付けられないのは私がそれを知らないせい」と自分を責めたり、「片付けが得意な私が考えた収納方法を夫や子どもが受け入れられないのは、やる気がないだけ」と家族にイライラしたり……といったことがよくあります。

けれども大抵の場合、片付かない原因は、その収納の仕組みが自分や家族に合っていないだけのこと。思考や行動のクセに合った片付け方を取り入れれば、ストレスなくものが探せる、ものが戻せる可能性大。片付けのポイントは、みんなにとっての”唯一の正解”を探そうとするのではなく、“自分にとっての正解“を見つけることなんです。

それでは、ほかの誰でもない、自分自身や家族に合った仕組みを見つけるには、どうすればいいのでしょうか?

ライフオーガナイザーは、その手がかりとして「利き脳」を参考にすることがあります。「利き脳片付け術」は、坂野登京都大学名誉教授の「しぐさ利き脳理論」をベースに日本ライフオーガナイザー協会が片付けに応用してまとめた、行動やクセを知るためのライフオーガナイズの手法のひとつです。【画像1】『ライフオーガナイズの教科書』をもとに編集部が作成

【画像1】『ライフオーガナイズの教科書』をもとに編集部が作成

右脳がつかさどるのは、ひらめきやイメージ、芸術性、創造性など。右脳が優位に働く人は、直感的にものごとを受け入れるのが得意だと言われています。対して、左脳がつかさどるのは、話す、書く、計算する、分析するなど。左脳が優位な人は、科学的な思考を得意としているそうです。

それではさっそく、利き脳をチェックしてみましょう。

ものの探し方・戻し方のクセが分かる!?「利き脳」を調べてみよう

情報を取り込んで理解するときに使う「インプットのときの利き脳」と、理解した情報を言葉や行動であらわすときに使う「アウトプットのときの利き脳」を調べます。片付けにあてはめて考えると、インプットはものを探すとき、アウトプットはものを元の場所に戻すときに使う脳。それぞれの特性に合った収納が、探しやすく戻しやすい収納ということになります。

あなたの利き脳は?

●インプットのときの利き脳:指組みしたとき、左右どちらの親指が「下」になっていますか?【画像2】自然に指を組んだとき、左の親指が下にきている人はインプットが左脳タイプ、右の親指が下にきている人は右脳タイプ。写真は左脳タイプ(写真撮影/会田麻実子 提供/主婦の友社『ライフオーガナイズの教科書』)

【画像2】自然に指を組んだとき、左の親指が下にきている人はインプットが左脳タイプ、右の親指が下にきている人は右脳タイプ。写真は左脳タイプ(写真撮影/会田麻実子 提供/主婦の友社『ライフオーガナイズの教科書』)

●アウトプットのときの利き脳:腕組みしたとき、左右どちらの腕が「下」になっていますか?【画像3】自然に腕を組んだとき、左の腕が下にきている人はアウトプットが左脳タイプ、右の腕が下にきている人は右脳タイプ。写真は左脳タイプ。腕を少し持ち上げてみるとどちらが下か判断しやすい(写真撮影/会田麻実子 提供/主婦の友社『ライフオーガナイズの教科書』)

【画像3】自然に腕を組んだとき、左の腕が下にきている人はアウトプットが左脳タイプ、右の腕が下にきている人は右脳タイプ。写真は左脳タイプ。腕を少し持ち上げてみるとどちらが下か判断しやすい(写真撮影/会田麻実子 提供/主婦の友社『ライフオーガナイズの教科書』)

指組み、腕組みの結果をもとに、4つの脳タイプの傾向を見てみましょう。【画像4】『ライフオーガナイズの教科書』をもとに編集部が作成

【画像4】『ライフオーガナイズの教科書』をもとに編集部が作成

指組み、腕組みで調べた脳タイプのうち、特にアウトプットのときの利き脳(腕組みをもとにチェック)は、職業や環境によって後天的に変わることがよくあるといわれています。後天的な特性は、次の「行動特性チェック」で調べることができます。指・腕組みの結果と異なる脳タイプの傾向が強く出た場合、「行動特性チェック」の結果を重視するとよいそうです。例えば、指・腕組みでは右右脳タイプだったけれど、行動特性チェックで左脳タイプの特徴が多く当てはまる場合、後天的な右左脳タイプである可能性がある……ということになります。【画像5】『ライフオーガナイズの教科書』をもとに編集部が作成
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。