体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本製のこだわりフェリシモ『500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS』世界最大数の色えんぴつが全面リニューアル!

世界中で話題になったフェリシモ(兵庫県神戸市)の『500色の色えんぴつ』が、今年芯もボディーも日本で作ることにこだわり抜いた500色の色えんぴつ TOKYO SEEDSとして、新しく生まれ変わった。より美しい発色、繊細な色差、滑らかな描き味を実現。蛍光色やメタリックカラーも加わっている。

 

世界最大500色の色えんぴつ全面リニューアル!

今から25年前、1992年に誕生した『500色の色えんぴつ』は世界最多の色数を誇る。今回500色の色えんぴつ TOKYO SEEDSという名で全面リニューアルした背景には「東京で生まれた500色のしあわせの種(SEEDS)から、持つ人それぞれの色の花を咲かせてほしい」という思いが込められている。美しさの要となる芯は、山梨県甲府市にある日本唯一といわれる色芯工場で製造。高い技術力と感性で500もの色の違いや微妙なグラデーションを繊細に表現。そして木製ボディーは東京の老舗えんぴつメーカーで生産。 色は色相環360色のベーシックカラーと、蛍光・メタリック・ダーク・パステルなどのスペシャルカラー140色で再構成されている。

 

毎月20色ずつ、25カ月間届けられる楽しみ

この『500色の色えんぴつ TOKYO SEEDS』、一度では手に入れることができないのも特徴のひとつだ。毎月20色ずつ25カ月、つまり2年1カ月かけて届けられるシステムなのだ。徐々にそろっていく楽しみも長く味わえそうだ。今回はその中から2カ月分の内容を見てみよう。


コンパクトにペンケースに収められた20色の色えんぴつ。情報カード、ペーパークラフトカードが一緒についてくる。

ジグザグ状に上下2段(各10色づつ)で収納できるケース。

表面はテカリを押さえたツヤ消し加工がされており、高級感がある。

ボディーは太めの四角形。角は丸みをおびており、机の上で転がることがない。一般的には丸や六角形などが多い色えんぴつ。実は四角形は、生産が非常に難しいそうだ。というのも、塗装をする、先端を削るなど、えんぴつのほとんどの行程は「転がしながら」作られている。このため「転がりにくい」四角形で美しい色えんぴつを作るには細かな調整と技術が要求される。もはや日本でしか作りえない逸品といえる。

 

セットごとに付けられたユニークなテーマと色

毎回、20色ごとにテーマがある。このセットのテーマは「FUN」。

こちらのセットのテーマは「WANDERLUST」。直訳すると「旅行癖・放浪癖」だ。

情報カードを開くと、各色につけられた名前もとてもユニークだと判る。「デート前夜のつめの色(MISS MANICURE)」「まっさらな郵便配達の自転車の色(NEW BIKE)」など。色えんぴつのボディーには英語名だけが記されており、情報カードと照らし合わせながら、日本名を確認するのも楽しい。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。