ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 【映画クロスレビュー】ニンジャ亀が大暴れ&ネズミ師匠がカッコイイ! 知らない派は予習を『ミュータント・タートルズ』
  • 【独占記事】ブラッド・ピット、映画『ワールド・ウォー Z』続編の監督にデヴィッド・フィンチャーを熱望
  • 極悪なヤスケンの色気が凄まじい! “悪い男”好きの女性必見の『龍三と七人の子分たち』
  • SWエピソード8の邦題は『最後のジェダイ』に決定 斜め上をいくネットのハズレ予想をチェック
  • 楳図かずお初監督ホラー映画『マザー』主題歌にしょこたん! 「躯が朽ち果てた後も 心は愛し続けてる」
  • 櫻井孝宏「自分の中のツンデレを総動員した」 初の『ベルセルク』原画展も開催!
  • 累計再生回数2億5千万回! 人気YouTuberがっちゃんが『GAMBA ガンバと仲間たち』で声優挑戦
  • 第89回アカデミー賞:受賞結果一覧
  • “オタ女”が生んだ世界的ベストセラー! 禁断のラブロマンス『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』
  • 大富豪が仕掛けた“人間狩りゲーム”の恐怖…… マイケル・ダグラスが主演する狂気のスリラー『追撃者』日本公開[ホラー通信]
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 映画『任侠野郎』主演・蛭子能収インタビュー 「69分の映画だから忙しい人にとってはイイよね」
  • 映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の公式ポスターがお披露目 新予告編も公開間近
  • すべての女子(腐女子含む)が観るべき!映画『坂道のアポロン』知念侑李&中川大志のイチャイチャっぷりがヤバい
  • 『サマーウォーズ』「よろしくおねがいしまぁぁぁすっ!!ボタン」復活! 細田守作品をリアルタイムで楽しむ『金ロー』デジタル企画実施
  • 『PSYCHO-PASS サイコパス SS』TRAIN執行! 年明けに東京メトロ 銀座線・丸ノ内線を車両ジャック

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『トール』の高さ&『ワイド』の幅でシリーズ最大に! 段ボール製簡易防音室『だんぼっちグランデ』登場

danbocchigrande_01

2013年4月の『ニコニコ超会議2』で近くのスーパーで調達したダンボールで防音室を製作・展示し、来場者からの「買いたい」との声に応えて2014年2月に一般発売を開始した株式会社VIBEの段ボール製簡易防音室『だんぼっち』。その後、「立ったまま歌いたい」という要望があり高さ210cmの『だんぼっちトール』、楽器を入りたいというニーズに合わせて幅110cmの『だんぼっちワイド』とラインナップが増えていますが、「室内でさらにゆったり過ごせるサイズが欲しい」というユーザーの意見に応えるために『だんぼっちグランデ』をリリース。2017年7月下旬より発売開始されることになりました。

danbocchigrande_02

内寸サイズはW1040×D1040×H1920mmと、『トール』の高さと『ワイド』の幅となり、シリーズ最大となる『だんぼっちグランデ』。内部にスピーカーやモニターを置いたりできるので、『ニコニコ動画』で音楽系の「作ってみた」「歌ってみた」の投稿者や、カラオケを楽しみたいという人にとっては十分な大きさといえそう。

VIBEによると、内部の音源が96dbの場合で扉正面から1.0メートル離れたところでの測定値は58dbとなり、30db以上低減できたとのこと。また、『だんぼっち専用』の照明と床面補強材を新たにオプションとして発売予定としています。

自宅の壁が薄かったり、夜に生放送配信をするユーザーにとっては強い味方になる『だんぼっち』の最大サイズとなる『グランデ』。お値段は99360円(税込)。

段ボール製簡易防音室だんぼっち(vibe labo)
http://www.danbocchi.com/ [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: ryofujii_gn

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき