体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【徹底検証】噂の新食材「ホンビノス貝」は本当にうまいのか

f:id:Meshi2_IB:20170430115901j:plain

「ホンビノス貝」という貝をご存じだろうか?

北アメリカの大西洋岸が原産の二枚貝だ。日本では、1998年に千葉市で初めて発見された。

f:id:Meshi2_IB:20170430115845j:plain

左がハマグリで右が「ホンビノス貝」なのだが、見た目の印象から「白ハマグリ」「大アサリ」という名前で売られているのを見たことがある読者もいるかもしれない。

この「ホンビノス貝」が、漁獲量の減少したハマグリやアサリに変わる新しい水産資源として期待されているという話を聞いた。

そのうえ、味もいいのだという。

そこで『メシ通』では、「ホンビノス貝」の食材としてのポテンシャルを測るべく取材を敢行。

「ホンビノス貝」とはどんな貝なのか?

果たして、本当においしいのか?

「ホンビノス貝」の名産地・船橋へ

f:id:Meshi2_IB:20170430115911j:plain

まずは、船橋港へ。

船橋といえば、スズキの漁獲量・国内第1位で知られているが、実は「ホンビノス貝」の水揚げも日本一。港のある三番瀬は江戸時代、御菜浦(徳川幕府に魚介類を献上するための漁場)に指定されており、現在は、潮干狩りを楽しむことを目的に、首都圏から人が集まる。

f:id:Meshi2_IB:20170430115903j:plain

取材に協力してくださったのは貝類の仲買卸業者、かねはち水産株式会社代表取締役の内海金太郎(うちうみきんたろう)さん。

内海さんによれば、船橋港で「ホンビノス貝」が採れ始めたのが2005年ごろ。かねはち水産が「ホンビノス貝」を扱い始めたのは翌2006年からという。

採ったアサリに混じっている「ホンビノス貝」を食べた地元の漁師さんが「これはうまいから仲買で扱ってみてはどうか?」と持ち込んだのがキッカケだったそうだ。

元はシステムエンジニアだった内海さんが会社を辞め、家業のかねはち水産に入社したのが2006年だから、内海さんの仲買卸業者としての歩みは「ホンンビノス貝」とともにあったと言っていいのかもしれない。

現在、かねはち水産で取り扱う貝類の9割が「ホンビノス貝」なのだそう。

f:id:Meshi2_IB:20170430115905j:plain

船橋港で「ホンビノス貝」を採っている漁船は20杯ほど。

かねはち水産を含めて4社の仲買卸業者が取り扱っている。

採れた「ホンビノス貝」は直販ぶん等を除いて築地などの市場に出荷される。

「ホンビノス貝」を扱い始めたころの市場の反応は芳しくなくなかったようだ。

それまで誰も食べたことのないものだから、売るのは難しかったですよ。仕入れてもなかなか買ってもらえない。いまでも厳しい状況は続いてます。まだまだこの貝のことを知らない人のほうが多いですからね」

魚介類を知り尽くした漁師さんの舌も持ってして「うまい」と言わせた「ホンビノス貝」。東邦大学理学部の風呂田利夫教授によれば、アメリカの大西洋岸では主要な水産資源であり、本場のニューイングランドクラムチャウダーは「ホンビノス貝」のみを使うという。

そんな食材であるにも関わらず、日本での知名度はまだまだ低い。

なんだか実にもったいない話だ。

f:id:Meshi2_IB:20170430115904j:plain

内海さんに、「ホンビノス貝」を手軽においしく食べられる調理法をうかがってみた。

答えは「鍋もの」。

「砂出しは必要ないですし、そのまま入れるだけでいいダシが出るから調理もしやすい。鍋ものならなんでもイケますよ

なるほど。午後からの取材が楽しみになってきた!

老舗料亭出身・齊藤摩多以さんのホンビノス貝料理を味わう

f:id:Meshi2_IB:20170430115907j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。