体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

絶品すぎるスープカレーのつくりかた【東京カリ〜番長】

f:id:Meshi2_IB:20170529153914j:plain

でらいつカレーvol.10 基本の「スープカレー」のつくりかた

カレーに興味がある「でらいつカレー」の読者のみなさんなら、さすがに「スープカレー」というカレーを知らない人はいないと思いますが、意外と「実は食べたことがないんです……」とか、「随分前に食べたっきりだな~」という人も結構多いのではないでしょうか。

かく言うわたくしも、もう1年以上食べていません……(がび~ん)。

そんなわたくしがスープカレーのレシピを書いていいのか? と思われるかもしれませんが、いいんです!(きっぱり)

だってもう、10年以上前からスープカレーは作ってきてますから!(えっへん)

f:id:Meshi2_IB:20170529153915j:plain

東京カリ~番長が作る ご当地カレー 47都道府県コレクション』(辰巳出版)

これ。2006年8月に発売されたレシピ本です。

当然ですが、すでに絶版です。ご興味がある方は古本でお探しください。

ちょっと知識のある方ならご存知じの通り、スープカレーは「札幌」のご当地カレーです。

札幌で爆発的にヒットして、というか、1990年代に自然発生的にウチもウチもと、スープカレーを名乗るお店が増え続け、2000年代前半にはもう札幌市内だけで100店以上、それが全国に知られるようになり、東京などでも札幌流のスープカレーをメインで売り出すお店が増えたんです。

「スープカレー」で画像検索すれば、多くのカレーが、スパイスの浮いたさらさらのスープ状のカレーに、「大きなチキンレッグ」「素揚げ野菜」「ゆで卵」といったお決まりの具材が入っています

これがいわゆる札幌スープカレーのスタイルです。

これを大真面目に本気で作るとなると、食材的にも調理方法的にも結構ハードルが高くなってしまうのは、ある程度料理をしたことがある方ならもう自明の理ですよね。

と言うことで、今回のレシピは、札幌スープカレーのスタイルを踏襲しつつも、あんまり頑張り過ぎない、比較的簡単な調理方法で作るスープカレーと行きましょう。

シンプル食材で作る、基本のスープカレー

f:id:Meshi2_IB:20170529153917j:plain

今回使う食材はコレ!

ぶっちゃけ、キャベツとカリフラワーは無くてもいいです。

【材料(2人分)】

鶏肉(手羽元):4本 玉ねぎ:中1個 にんじん:小1本 トマト:大1個(300g) キャベツ:60g程度(省略可) カリフラワー:2房(省略可) セロリ:10cm じゃがいも(メークイーン):1個 ピーマン:1個 卵:1個 パセリ:1房 にんにく:1片 しょうが:1片 カレーパウダー:大さじ1 バジル(乾燥):小さじ2

※詳細レシピは最後に掲載します。

「スープカレー」の下準備

いつものとおり、スムーズな調理のため、下ごしらえをしましょう。 にんにく、しょうが:すりおろして水で溶いておく。 トマト:ヘタを切り落として粗みじん切り。 玉ねぎ:外側の皮をよく洗ってむき、繊維方向に2~3mmの厚さにスライス。※皮もスープを取るのに使います。 にんじん:皮を良く洗ってむき4つに乱切り(1つ20g程度)。※皮もスープを取るのにに使います。 じゃがいも:皮をむいて2つに切る。 ピーマン:ヘタを切り落とし、食べやすい大きさに切る。※ヘタもスープを取るのに使います。 パセリ:みじん切りにする。 手羽元:塩コショウをする。

それぞれこんな感じです。

f:id:Meshi2_IB:20170529153918j:plain

にんにく・しょうが:すりおろして70~80mlの水で溶いた状態。

f:id:Meshi2_IB:20170529153920j:plain

トマト:ヘタを切り落として粗みじん切り。

※ヘタが2個あるのは気にしないでください。諸事情で食材一覧で紹介したのとは違うトマトを使ってます。このトマト、重さが150gしかなかったので2個使ってます。

f:id:Meshi2_IB:20170529153921j:plain

玉ねぎ:繊維方向に2~3mmの厚さでスライス。(長さは1/2にカット)

1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。