体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本ワインこそチェーン系居酒屋で!「とり鉄」三茶店の思いと実行力がすごかった

f:id:Meshi2_Writer:20170516172403j:plain

こんにちは、メシ通レポーターの白央(はくおう)です!

今回ご紹介するお店は、とある居酒屋さん。田園都市線「三軒茶屋駅」南口Bを上がって、すぐの場所にあります。

f:id:Meshi2_Writer:20170516172434j:plain

最近よく「日本ワイン」という言葉を耳にしませんか?

一般的なスーパーでも取り扱いの増えてきた日本ワイン

日本のメーカーが造っているワインはこれまでもたくさんありましたが、そのほとんどは輸入ブドウ果汁から造られたもの。ブドウ自体も国内で育て、国内のワイナリーで育まれたワインを、日本ワインと呼んでいるんですね。

今から向かうのは、そんな日本ワインを手頃に楽しめる居酒屋さん。

f:id:Meshi2_Writer:20170516172412j:plain

さ、南出口のBを上がってほぼ目の前のビル、ここにあります。

見慣れたチェーン系の看板がひしめきあってますね。この奥に隠れ家的にあるお店……

f:id:Meshi2_Writer:20170516172338j:plain

じゃないんです。

ご紹介するのはこちら「とり鉄」三軒茶屋店。 そう、チェーン系列でありながらここ三軒茶屋店は、日本ワインを積極的に取り扱っているんですよ。

メニューには赤白ともに常時10種類以上のボトルワインがあり、価格帯がなんとも良心的。長野のファンキーシャトーや新潟のカーブドッチ、滋賀のヒトミワイナリーなどがメニューに並んでいます。

飲むことが生産者の応援になる

どういう思いからこの形態にされているのか、店長さんにうかがってみましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20170516172514j:plain

▲満面の笑みで迎えてくれました、店長の吉岡貴彦さん

「とり鉄」フランチャイズ加盟店として三軒茶屋店をオープンしたのは2012年。日本ワインを取り扱うようになったのは、開店して半年後ぐらいのことだそうです。

── まず、日本ワインを扱おうと思われたのはなぜでしょうか?

吉岡:もともと日本ワインには興味があったんです。2006年ごろに知人の酒屋さんが「いま、日本ワインを勉強しておいて損はない」とすすめてくれたんですね。日本酒も焼酎も、そしてワインも含めて「日本の酒=和酒」なんだから、と。それで勝沼酒造とか、ワイナリーを実際に訪ねてみて、とにかく飲んでみることにしたんです。

── そのころはまだ「とり鉄」三軒茶屋店はオープンされていないですよね。

吉岡:はい、私は30歳まで旅行会社に勤めてたんですが、飲食店に興味があって、都内の居酒屋さんに転職しました。「とり鉄」の浜松町店や東池袋店で働きつつ、日本ワインをいろいろ飲み歩いていたんです。

f:id:Meshi2_Writer:20170516172535j:plain

吉岡:そうするうち、2011年の東日本大震災が起こりました。あのとき、酒の買い控えが起こりましたね。

── そうですね。酒を飲んだり遊んだりは不謹慎という雰囲気が一部であって、「花見は自粛を」なんて呼びかけが政治家からあったり。

吉岡:しかし実際のところ、被災地の酒の造り手は消費者が飲まなければ収入が途絶えてしまうわけです。岩手で日本酒の蔵元さんが「買って飲んで支えてほしい」と動画で発信されたように、東北のワイナリーの方々も同様のことを言われていた。だからまず、生産者さん応援の気持ちがありました。フランチャイズといっても、ドリンクの選択に関しては店長の裁量にかなり任せられているんです。その後いろいろと飲んで、あらためて日本ワインの味の良さに魅力を感じたのが、扱おうと思った一番の理由です。ここ数年での味わいの進化はすごいです、本当に。

日本ワインの魅力を伝えたい

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。