体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【つくりおき】ムチャクチャ身体にいい!「生姜シロップ」を自作してみた【理系メシ】

f:id:Meshi2_IB:20170224175755j:plain

5時間煮る! 超辛ごくうまジンジャーエールの「生姜シロップ」を自作する

今日は「生姜シロップ」を作ろう。

科学実験酒場」でも出している「生姜シロップ」、こいつが超人気!

おかげで誰もビールを飲まなくなり、原価が下がって店主はありがたい。みんな「生姜シロップ」で割ったドリンクしか頼まないから、生姜シロップ専門店にしようかと思うほどだ。

実際、おいしい。

炭酸で割れば「辛口ジンジャーエール」、ビールに入れればビールのカクテル「シャンディガフ」、お湯で割ってもおいしいし、私のおすすめはジンで割る飲み方。ジンと「生姜シロップ」を1対1で混ぜ、炭酸で割ると、ジン特有の薬臭さが生姜でいい香りに変わる。

後味の重さも生姜の辛さでキレイにぬぐわれる。

f:id:Meshi2_IB:20170224125155j:plain

そういうわけで作り方だ。用意するのは 生姜:2kg程度 唐辛子:1本 粒コショウ:お好みで 塩:小さじ1杯 白砂糖:500~600g レモン汁:レモン半個~1個分

※今回作った「生姜シロップ」の材料・分量です。

たったこれだけ。

もうひと手間かけて、味をパワーアップする方法は文中で説明する。

何はともあれ、生姜だ。

f:id:Meshi2_IB:20170224125156j:plain

ちまちまと小さい瓶で作ってもすぐになくなるから、家でも一気に作ろう。水で割ってもおいしいので、すぐ飲み切ってしまうのだ。生姜1㎏でだいたい1リットルできると考えればいい。今回は2kg強を使う。

f:id:Meshi2_IB:20170224125157j:plain

まず生姜を洗う。

生姜は中国産がびっくりするほど安い。しかし実は国産だって安いのだ。今回使ったのは高知産。「生姜シロップ」を作るまで、高知県が生姜の名産地だなんて知らなかった。

さらに、ネットで買うと超安い。スーパーでは100グラム100円前後だが、業務用スーパーや八百屋さんで買う方がずっと安く、ひと山5~600グラムで300円程度。私がネット通販で買ったのは5㎏で1,700円。

たぶんこれが底値だ。

f:id:Meshi2_IB:20170224125158j:plain

隙間に泥が入っているのでよく洗う、面倒ならズバッと切って洗えばいい。

f:id:Meshi2_IB:20170224125159j:plain

薄く切る。

スライサーはすぐ目詰まりして(生姜の繊維はタフだ)イラつくので、おすすめしない。包丁でサクサク切ろう。切り方は雑でいい。

f:id:Meshi2_IB:20170224125200j:plain

中ぐらいの鍋にいっぱいできた。

f:id:Meshi2_IB:20170224125201j:plain

煮詰まって蒸発する分を考え、ひたひたより少し多めに水を入れる。今回は3リットル作るつもりなので、3リットル半の水を入れる。

f:id:Meshi2_IB:20170224125202j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。