体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪・難波から四国・徳島まで片道2,000円!?格安フェリー切符で日帰り飲みをしてみる

f:id:Meshi2_IB:20170608141204j:plain

フェリーほどぜいたくな旅はない

大阪・難波の地下街を歩いていて、こんなチラシに目が止まった。

f:id:Meshi2_IB:20170608140203j:plain

「徳島へ 2,000円!!」

えっ! 2,000円!?

f:id:Meshi2_IB:20170608140230j:plain

チラシをもらって帰ってよく読んでみると、南海電鉄が販売する「とくしま好きっぷ2000」という割引キップが販売されているという。

なんば駅や、新今宮駅、天下茶屋駅などの指定駅で購入が可能。販売駅から和歌山港駅まで南海電鉄に乗ることができ、和歌山港から徳島港まで南海フェリーに乗れる。そこまで全部含めて2,000円である。平日限定、とかそういう縛りもなく、いつでも乗ることができる(販売は、2018年3月31日までの期間限定)。

これは安い! と驚いたのだが、考えてみれば大阪から徳島までは淡路島を経由する高速バス路線が充実しており、最安値のものだと片道2,000円を切るバスもある。大阪と徳島間を自家用車以外で移動しようと思えば高速バスという交通手段が一番手ごろだということになる。

ただ、フェリー好きの私にとっては2,000円で徳島まで行ける上、途中で南海フェリーにも乗れる、という点がなんといっても魅力的なのだ。世の中にはさまざまな交通機関があるが、フェリー(というか客船全般)ほど広々とした乗り物があるだろうか。乗り物に乗って移動しながら、その中をウロウロしたり、売店で飲み物や食べ物を買ったり、ゴロゴロしたり、視界いっぱいに広がる海をぼーっと眺めたり、そんなことができるのである。考えようによっては、最もぜいたくな乗り物だとは言えないだろうか。

前置きはこれぐらいにしよう。これから、「とくしま好きっぷ2000」を使って徳島まで日帰り旅行に行ってきたレポートを紹介したい。こんな一日の過ごし方もあるということをチラッとでも知っていただければ幸いである。

f:id:Meshi2_IB:20170608140235j:plain

出発前日に南海フェリーの公式サイトをチェックしてみたところ、なんば駅を朝7時2分に出発する電車に乗れば、和歌山港に8時15分に着き、8時30分発のフェリーに乗ると10時35分に徳島港に到着することがわかった。

トータル3時間半ほどの行程となり、電車に1時間ちょっと、フェリーに約2時間乗るという感じだ。

f:id:Meshi2_IB:20170608140239j:plain

帰りは18時55分に徳島港を出るフェリーに乗ることができれば、その日の内になんば駅に戻ることができる。

徳島で過ごす時間は8時間ちょっとと、それほど長くはとれないが、街を散策しつつ昼ご飯と夕飯ぐらいは食べて帰れそうだ。では、いざ出発!

駅からフェリーに乗り込む

朝6時過ぎに家の最寄り駅から電車に乗る。

f:id:Meshi2_IB:20170608140337j:plain

南海電鉄なんば駅まで行き、券売機を見てみると「とくしま好きっぷ2000」のボタンが用意されており、簡単に購入できた。

f:id:Meshi2_IB:20170608140354j:plain

この小さなキップで徳島まで行けるなんて! 嘘みたい。

f:id:Meshi2_IB:20170608140402j:plain

電車に揺られ和歌山港駅に到着。

f:id:Meshi2_IB:20170608140412j:plain
1 2 3 4 5 6次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。