体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空港から直行すべき島食堂「白保食堂」でガツ盛りに泣け!【石垣島】

f:id:mesitsu_la:20170615185330j:plain

島人と観光客で常に満席!

こんにちは、メシ通レポーターの泡です。

近づきつつある夏休みに我が故郷・石垣島への旅行をお考えの方もいらっしゃるかと思います。大抵の場合は空港に到着したらレンタカーを借りて、ドライブやらホテルやらへ向かうことでしょう。

でもちょっと待って!

おなか、空いてませんか?

いきなり、石垣島っぽいとこに行ってみたくないですか?

YES?

ならば話は簡単です。

「石垣空港」から車で5分もかからないところにある「白保食堂」へGO!!!

f:id:mesitsu_la:20170615185401j:plain

レンタカーの場合、空港を出て国道390号線を西へ、市街地に向かって走ります。

f:id:mesitsu_la:20170615185419j:plain

乗り合いバスならば空港からバスターミナル行きの路線バスに乗り、「白保小学校前」で降りてください。このバスは30分に1本というペースなので帰りの時刻は忘れずチェックしておきましょう。

バス停から西へ徒歩すぐ、国道沿いの北側にあります。

f:id:mesitsu_la:20170615185446j:plain

周囲には赤瓦屋根の民家があったり、

f:id:mesitsu_la:20170615185503j:plain

パパイヤの木が生えていたりします。

f:id:mesitsu_la:20170615185523j:plain

大きな白い建物に緑の看板が目印。

f:id:mesitsu_la:20170615185539j:plain

看板に描かれたシーサーは、店主の娘さんの手によるもの。

f:id:hotpepper-gourmet:20170626103503j:plain

清潔感のある店内。テーブル席は混んでいると相席になることも。

f:id:mesitsu_la:20170615185611j:plain

座敷席は家族連れに人気です。

お店を営むのは、白保集落出身の仲島 弘(ひろむ)さんと奥様のかをりさん。

お2人して「写真は勘弁して~。看板のシーサーが私らの代わりでいいサ~」とのこと。

午前11時半の開店と同時に席が埋まることも少なくないほど忙しいお店を、二人三脚で仲良く切り盛りされています。

「もともとはここでうちの両親が八重山そばの食堂をやっていたんですよ。僕が跡を継いでから29年になるねぇ」と弘さん。

かをりさんとは愛知県の洋食レストランで修業をしていた時に出会ったのだそう。

八重山そばやゴーヤチャンプル、とうふチャンプルなどの島の家庭料理に加えて、ナポリタンやサンドイッチといった洋食メニューがそろうのは弘さんの修業経験ゆえ。

「愛知は喫茶文化が盛んでしょう。その影響もあってうちは食堂だけど実はコーヒーやクリームソーダ、パフェなんて喫茶メニューもおいてるんですよ」とかをりさん。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。