体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【甲子園名物】高校球児の空きっ腹が生んだ「大力食堂」の超ド級カツ丼

f:id:Meshi2_IB:20170507163607j:plain

高校球児たちが夢見る大舞台といえば「阪神甲子園球場」。私自身、春・夏の高校野球開催時には甲子園球場に足を運んで試合を観戦するのが楽しみである。白球を追いかけて熱闘を繰り広げる高校生たちを応援しながら飲むビールがたまらなくおいしいのだ。球児たちよ、酒の肴みたいにしてしまって申し訳ない。

さて、その「阪神甲子園球場」がある兵庫県西宮市に、高校球児たちに愛される昔ながらの大衆食堂が存在するのをご存じだろうか。阪神電車の甲子園駅から徒歩10分ほど。球場をグルッと裏側の方へ廻り込んだエリアにある「新甲子園商店街」の一角にたつ「大力食堂」がそのお店。

なんでもその「大力食堂」のカツ丼がとんでもないボリュームで、その食堂の名物メニューになっているそうなのだ。

いったいどんなものなのか、また、なぜそんな名物メニューが生まれたのか知りたくなり、お店をたずねてみることにした。

完食が学生らのステータスに

f:id:Meshi2_IB:20170507163258j:plain

まずは甲子園駅から歩いてすぐの「阪神甲子園球場」に挨拶。

取材当日は、試合の行われない日であったため、いつもの熱気が嘘のように静かな雰囲気であった。高校野球大会の開催期間ともなれば、この周囲は球児や応援にやってきた高校生たちやたくさんの観客であふれかえり、大変な賑わいである。夏が待ち遠しい!

f:id:Meshi2_IB:20170507163325j:plain

球場の周囲は、飲食店が散見されるものの、基本的には閑静な住宅街となっている。

f:id:Meshi2_IB:20170507163416j:plain

のどかな雰囲気の町並みを歩いていくと、目的の「大力食堂」が現れた。

f:id:Meshi2_IB:20170507163430j:plain

店頭の食品サンプルを見るに普通なサイズの「カツ丼」。

f:id:Meshi2_IB:20170507163441j:plain

入店してみると、一目で「うおー!ここ絶対おいしい!」と確信する落ち着く雰囲気だ。

f:id:hotpepper-gourmet:20170622212109j:plain

うどん、そば、丼ものをメインにしたメニューの中の「カツ丼(大)800円」がとんでもないボリュームなのだという。躊躇(ちゅうちょ)することなくさっそくオーダー。

f:id:hotpepper-gourmet:20170622212213j:plain

改めて店内を見渡してみると、壁を埋め尽くさんばかりのサイン色紙の数々である。

f:id:hotpepper-gourmet:20170622212304j:plain

テレビが取材に来ることもあるらしく、有名人のサインも多いのだが、それをしのぐ量なのが高校の野球部、運動系の部員たちが残していった「完食しました!」的なサインである。

どうやらこのお店で「カツ丼」を食べ切ることが、一部の高校生たちの中でステータスになっているようなのだ。

これがド迫力の「カツ丼(大)」!

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。