ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【カモフラ飯】意識の高いビジネスパーソンは、傘で炭水化物を補給する

f:id:Meshi2_Writer:20170228161805j:plain

タイム・イズ・マネー。

意識の高いビジネスパーソンは常に時間と競い合い、より効率的なモノを求めている。「24時間戦えますか?」の精神は、21世紀でも健在だ。中でも、食事をいかに手軽に、かつスピーディーに行えるかがポイントとなる。

そこでオススメしたいのが、他人にバレることなくビジネスシーンに食事を取り入れる「カモフラ飯」だ。

本企画では、自称・日本一インターネットで顔写真が使われているフリー素材モデルの大川竜弥氏が、意識の高いビジネスパーソンであれば誰しも取り入れたくなる「カモフラ飯」を紹介する。

傘で「カモフラ飯」

今回紹介する「カモフラ飯」は、傘を利用した炭水化物補給だ。

雨の日の外出先で、空腹に耐えられず倒れてしまった経験はないだろうか?

晴れの日であれば、ビジネスバッグから軽食を取りだし、歩きながらエネルギーチャージをすることもできるだろう。しかし、雨の日は右手に傘、左手にビジネスバッグといった具合に、両手がふさがってしまう。

「飲食店に入ればいい」という意見があるかもしれないが、意識の高いビジネスパーソンは時間に追われ、立ち止まることを極端に嫌う生き物。傘を利用すれば、雨の日でも時間を無駄にすることがなく、炭水化物の補給ができるのである。

まずは、こちらの写真をご覧いただきたい。

f:id:Meshi2_Writer:20170228161949j:plain

一見、外出先で傘をさすビジネスパーソンだが……。傘の内側にぶらさがったモノに注目してほしい。

f:id:Meshi2_Writer:20170228162048j:plain

あんパンだ! パン食い競走のように、ヒモにつるされたあんパンがぶらさがっている!!

傘あんパンのメリットは、両手がふさがりがちな雨の日でも瞬時に炭水化物補給ができるだけではなく、ひとりでもパン食い競走の気分が味わえること。意識の高いビジネスパーソンは、仮想の敵と“競争”することで、モチベーションを何倍にも高めることができるのである。

傘あんパンを作る

からくりを紹介しよう。

f:id:Meshi2_Writer:20170228162321j:plain

<材料> あんパン 傘 箸 タコ糸 はさみ

f:id:Meshi2_Writer:20170228162339j:plain

まずは、タコ糸を適当な長さに切る。30cmもあれば十分だろう。

f:id:Meshi2_Writer:20170228162355j:plain

箸の先端にきつく結びつけたら……、

f:id:Meshi2_Writer:20170228162414j:plain

あんパンの中央にブスッと刺す。

f:id:Meshi2_Writer:20170228162434j:plain

あんパンの形が崩れないように、やさしくタコ糸を結ぼう。

f:id:Meshi2_Writer:20170228162458j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。