体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

小麦も豚もネギもすべてが糸島産。「THE・地産地消ラーメン」ここに極まれり!【福岡・今宿】

f:id:mesitsu_lb:20170613153236j:plain

ラーメンのために小麦を作る福岡県民

「福岡の小麦が福岡のラーメンをもっと美味しくする」

なんて素敵な言葉でしょうか!

実は国内で使用している小麦の85%を輸入品に頼っている日本。※1

国内に数ある麺類料理の多くは外国産小麦を使用しています。国内産小麦のシェアはわずか15%足らずであり、価格も高いため、値段を安く抑えなければならないラーメン店などにはあまり流通していないのが現状ですね。

そんな貴重な国内産小麦、実は北海道に次いで福岡県が生産量第2位につけています。※2

この背景には、ラーメンやうどんなど麺類大好きな県民が多いという理由もあるのでしょうが、一方で福岡ならではの美味しさへの飽くなきチャレンジ精神が発揮されていることも見逃せません。

「美味しいラーメンが食べたいよね」

「そうだね。とんこつスープにもこだわりたいけど、麺にもこだわりたいよね」

「でも、なかなか美味しい麺って出会えないよね。とんこつスープにマッチする麺って少ないのかな」

「じゃあ、とんこつに合う麺を作っちゃえばいいやん」

「そうか、いっそのこと小麦から作るか!」

なんてやり取りがあったかどうかは定かではありませんが、福岡にはラーメン専用に品種改良された小麦「ラー麦」が存在しています。

このラー麦を使った自家製麺とじっくりうま味を凝縮したとんこつスープが自慢のお店が今宿にあると聞いてやってきました。今回お邪魔したのは今宿バイパス沿いにお店を構える「糸島ラーメン ゆうゆう」さんです。

※1 「小麦粉の基礎知識」(日清製粉グループホームページ)より

※2 農林水産省「平成28年産作物統計」より

JR筑肥線今宿駅から徒歩10分

「糸島ラーメン ゆうゆう」の本店は糸島市の筑前前原駅近くにありますが、今回訪問したのは2号店となる今宿店です。場所ですが、車の方は福岡市内から今宿バイパスを西へ向かいバイパス青木交差点を目指してください。歩きの方は最寄り駅がJR筑肥線の今宿駅となります。

f:id:mesitsu_lb:20170613153617j:plain

▲今宿駅出口。出て右へ向かいましょう

f:id:mesitsu_lb:20170613153658j:plain

▲こちらの道を道なりに進んでください

f:id:mesitsu_lb:20170613153731j:plain

▲線路を右手に見ながら進みます

f:id:mesitsu_lb:20170613153834j:plain

▲駅出口から250メートルほどで右に踏切が見えますので、踏切を渡って真っすぐ進みましょう

f:id:mesitsu_lb:20170613153945j:plain

▲左にホームセンター、右に三菱の工場があります。そのまま真っすぐ進むと

f:id:mesitsu_lb:20170613153911j:plain

▲コンビニの先にパチンコ屋さんが見えてきます

f:id:mesitsu_lb:20170613154045j:plain

▲そしてパチンコ屋さんの駐車場の中をのぞくと……あ、あった!

f:id:mesitsu_lb:20170613154110j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。