ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

独自の進化を遂げたローカル麺「尼崎あんかけチャンポン」を食べ歩く【兵庫】

f:id:Meshi2_IB:20170608141858j:plain

先日、兵庫県尼崎市でとある居酒屋さんを取材していた際、尼崎商工会議所の小柳津駿さんという方と知り合った。

小柳津さんは「尼崎あんかけチャンポン」というご当地グルメのPRを担当しているそうで、その魅力についていろいろお話を聞かせてくれた上で「よかったら一度食べてみてください」とおすすめしてくれた。

「尼崎あんかけチャンポン」はその名の通り、あんがかかった“ちゃんぽん”。

みなさん、ちゃんぽん麺を思い浮かべてみてください。

そしてそこにあんをかけてみてください。

……あまり想像できなくないですか? どちらも特別なものじゃないのに、なんだか意外な組み合わせ。

とにかく実物を食べてみるしかない。それに先駆け、尼崎商工会議所で小柳津さんに改めてお話をうかがうことにした。

あんかけ+麺なら何でもOK

こちらが小柳津さん。

「尼崎あんかけチャンポン」のハッピを着て出迎えてくれた。

f:id:Meshi2_IB:20170608141505j:plain

── 先日うかがったお話が忘れられず、「尼崎あんかけチャンポン」を食べに来ました! まずは、「尼崎あんかけチャンポン」とはどういうものなのか改めて教えてもらってもいいでしょうか。

「『尼崎あんかけチャンポン』は尼崎市のご当地グルメなのですが、実はその正確な起源というのは定かでないんです。尼崎市は工業がさかんな街で工場も多いのですが、そこで働く方々の空腹を満たすためにちゃんぽんにあんをかけたのが始まりだという説があります。そしてそれがいつしか尼崎のちゃんぽんのスタンダードになったようです」(小柳津氏)

── なるほど、お客さんの要求にあわせて同時多発的にいろいろなお店で生まれたのかもしれないですね。

「そうかもしれないですね。2009年に伊丹市や芦屋市など阪神7市1町で連携して『ご当地グルメ選手権』というイベントを開催したんですが、そこに出展するに当たって、尼崎のご当地グルメといえば何かということを商工会議所の青年部で検討しました。実はそれまで、尼崎ならではのグルメというのがこれといってなかったんですよ。そんな中で、『尼崎ではちゃんぽんというとあんがかかったものが出てくる』という話が出まして、それをご当地グルメとしてアピールしようということになったんです」(小柳津氏)

f:id:Meshi2_IB:20170608141515j:plain

── ほほう。

「その後もさまざまな地域のイベントなどでPRしていくうちに、協力してくださるお店同士の連携なども生まれて、2014年の4月に『チーム・尼崎あんかけチャンポン』として正式に事業者団体としてスタートすることになったんです。現在は22店舗が参加しています。そのほとんどが、このプロジェクトが始まる前からあんのかかったちゃんぽんを出していたお店です」(小柳津氏)

── これが「尼崎あんかけチャンポン」だ、という、定義というか、ルールのようなものはあるんですか?

「それが非常にゆるいんです。あんがかかった麺類であればいいんです(笑)。これはパンフレットなんですが、見た目もお店ごとにそれぞれ結構違うでしょう?」(小柳津氏)

f:id:Meshi2_IB:20170608141525j:plain

── 本当ですね。

「味もお店ごとにかなり違うので、飽きずに食べ歩きができるところが魅力なんですよ。それと、どのお店もリーズナブルでボリュームたっぷりで、その満足感やお得感もぜひ味わっていただきたいところです。通はスープを少し残して、そこにご飯を入れて中華丼にして食べるそうです。そこまでやったらもう、お腹パンパンですよ(笑)」(小柳津氏)

── 食べに行くにあたって小柳津さんのおすすめのお店を聞いてもいいでしょうか!

「どこもおいしいので難しいのですが、強いて言うなら……」(小柳津氏)

と、おすすめしてもらった3店舗に食べに行ってきた。

高粘度のあんかけ「天遊」

f:id:Meshi2_IB:20170608141535j:plain

まずは、阪神電車の尼崎駅から徒歩10分ほどの場所にある「中華料理 天遊」へ。

小柳津さんによれば「『天遊』は加盟店の中でも『大貫本店』と並ぶ人気店です。『大貫本店』は中華そばが看板メニューなのですが、『天遊』は『尼崎チャンポン』が一押しメニューで。そういう意味からも、『尼崎あんかけチャンポン』を代表するお店と言えるかもしれません」とのこと。まずはここで基本の味を確かめておこう。

ほぼ満席で活気あふれる店内はまさに下町の中華料理店といった風情。

1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy