体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

赤ワインと合うラーメン? 蒲田の「銀河系スペインラーメン」の謎に迫る

f:id:Meshi2_Writer:20170411190440j:plain

この世には多種多様なラーメンがあります。私もラーメンが好きなので、いろいろ食べました。

でも、今回は誰もが食べたことがないであろうラーメンを見つけてしまいましたので、皆様にお伝えしたく、取材に行ってきました!

f:id:Meshi2_Writer:20170411190457j:plain

そのラーメンがあるのは、東京の下町、大田区蒲田。

多くのラーメン店が軒を連ねていますが、スペイン色はかなり薄い街です。

f:id:hotpepper-gourmet:20170602162130j:plain

見えて来たのは……なんだろうここは? ラーメンののぼりにラーメンと書かれたちょうちん。そして豚ちゃん。パッと見ラーメン屋さんですが、パエリアの表記がちらほら見えます。

f:id:Meshi2_Writer:20170411190532j:plain

店内はカウンターのみ9席の小さなお店。ちょっと入りにくかったのですが、いい雰囲気です。

そして、スペインといえばサッカー! な感じが伝わる店内です。

f:id:Meshi2_Writer:20170411190551j:plain

店内に入ってすぐのところに、生ハムが佇んでいますね。

これがあるということは、ここはスペインバル。さすがにラーメン屋さんにこれはない!

f:id:Meshi2_Writer:20170411190616j:plain

席に座ってメニューを見ると「アルコールセット」が。

一般的なラーメンの店であれば、別途アルコールも注文してね、というスタンスですが、ラーメンとのセットをここでは積極的にすすめているようです。

なるほど、これは納得のスペイン!

f:id:Meshi2_Writer:20170411190648j:plain

やって来ました、これが銀河系スペインラーメン、その全貌です。

いただいたのは赤ワイン「ムレダ オーガニック ティント」。

ワインはとりあえず置いておいて、ラーメンを味わっていきましょう。

f:id:Meshi2_Writer:20170411190729j:plain

寄ってみると……ラーメンの要素が麺しかない……! 削りたての生ハムがどんぶりの周囲を赤く飾り、チャーシューのような豚肩ロース、その隣にはグリーンピース、ひよこ豆、そしてカリカリに焼いたチーズとベーコン。いや、うまそうだけれども……まだ目がこの光景に慣れていないですね。

f:id:Meshi2_Writer:20170411190746j:plain

スープはほんのりとチーズのコクが感じられる豚骨ベース。ただし、豚骨を煮込むときに、生ハムのハムとしてカットできない端の部分をいれて煮込んでおり、その塩気、味がしっかりとスープに出ています。

味のベースを守るという意味で、サッカーでいうディフェンス。派手な活躍はないかもしれませんが、彼らがいなければこの一杯は成り立ちません。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。