ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

クラウドファンディング製品で“最強のゲリラ兵”を目指そう!

「規律ある民兵は、自由な国家の安全にとって必要である。そのため、人民が武器を保有し、また携帯する権利は、何人も侵してはならない」

これはアメリカ合衆国憲法修正第2条である。かつてアメリカがイギリスから独立する際、一般市民は銃を取って戦った。また、テキサス市民がメキシコの独裁体制から離脱するためにアラモ要塞で壮絶な戦闘を繰り広げ、全員が玉砕している。そうした歴史があるからこそ、現代でもアメリカ人は武器を手放さない。

国際的クラウドファンディングサービスにも、その影響がはっきりと表れている。

1.XM42

世界で最も規模の大きいクラウドファンディングである『Kickstarter』と『Indiegogo』。この両者の共通点は、「武器の出展を禁止している」ということだ。

ただしIndiegogoの場合は、Kickstarterよりも審査が緩やかと言われている。時として、どう考えても武器としか思えない製品がIndiegogoのキャンペーンページに登場することもある。

そのひとつが、一昨年世界中のテクノロジーメディアで話題になった『XM42』である。

これは除草・除雪などを目的としたバーナー、という名目の製品。だが、日本でも見かける除草バーナーとは訳が違う。XM42の吐き出す火炎は25フィート(約7.6m)。雑草どころか辺りの木々をことごとく焼き尽くしてしまうだろう。

よくこれがIndiegogoの運営からBANされなかったと感心してしまうが、現在は見事市場化に成功しオンライン上で注文を受け付けている。
念のために強調しておくが、これはあくまでも野外作業を目的とした家庭向け製品だ。XM42を手に取り「汚物は消毒だ〜っ!」と叫びながら人に向けてはならない。

ちなみに、以下の動画は製品のレビューである。マネキンを丸焼きにする実験も行っている。

2.s1 Pepper Spray Gun

一方、こんな製品もある。

『s1 Pepper Spray Gun』は、非致死性の護身用具である。見た目は拳銃そのままだが、実弾ではなく催涙パウダーの入った球形の玉を発射する。

圧縮CO2を用いた発射機構であるが、その他の機構は本物の拳銃と殆ど変わらない。弾丸はグリップの中にある弾倉に込める。

最大射程は150フィート(約46m)を超えるというから、かなり遠くにいる不審者に対しても容赦なく攻撃できる。決して相手を殺すことはないから、殺人罪に問われることもない。ヒャッハー!

ところがこの製品、一昨年Indiegogoに出展したがキャンペーン半ばで運営にBANされてしまった。火炎放射器はよくて催涙拳銃はダメ。一体その基準は何なんだ?

だが開発者は決してめげることなく、自社サイトでの寄付を展開した。その甲斐あり、現在は製品化にこぎつけている。

3.iPTS

最後にご紹介するのは、トレーニング用品である。

何のトレーニングかって? 銃撃戦のトレーニングに決まってるだろう!

『iPTS』は、低コストかつ安全な拳銃射撃の練習を可能にするシステムである。この製品の主軸である模擬拳銃『iPTS1700』は、スマートフォンと連携し様々なデータを算出してくれる。

「様々なデータ」とは、射撃のスコアや早打ちの秒数、射撃間隔、残り弾数などである。しかも模擬拳銃にも関わらず、発射音やリコイルも再現するという。

拡張レイルを備えているから、電子サイトの搭載も可能。より実戦に近づけたトレーニングを、自宅にいながらにして積むことができる。日頃からiPTSを利用すれば、乱射事件に巻き込まれた時も即座に「対応」できるだろう。

全米ライフル協会のウェイン・ラピエール副会長の言葉を借りれば、「悪人の銃に対抗できるのは善人の銃のみ」なのだ。

【画像・動画】
XM42[リンク]
Salt Spply[リンク]
Interactive Pistol Training System[リンク]
XM42 Flamethrower Review-YouTube[リンク]
The s1 Pepper Spray Gun Test by The Modern Rogue-YouTube[リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 澤田 真一) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき