体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ハンパないこだわりの役所メシ! 地元食材をふんだんに使った500円ランチを堪能【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20170515150028j:plain

一般人でも入れる役所の食堂

県庁や市役所など、各地にある行政施設(以下「役所」と言います)に併設されている食堂には、役所の職員だけでなく一般人も入れるところが多いことは既にみなさんご存じでしょう。

いくつかのグルメレポートでも、全国各地の役所の食堂で食べるご飯(以下「役所メシ」と言います)が取り上げられています。

そんな役所メシですが、多くの人はリーズナブルさを期待して行くことが多いのではないでしょうか?

もちろん、味が落ちるということではないですが、一般の食堂と比べると予算や施設の都合があるためどうしてもメニューや食材に制約が生じてしまいます。

が、しかし!

言わずと知れたグルメの都福岡では、役所メシですら味を追求しなければ激しい競争に打ち勝つことはできません! 役所メシとはいえ、安いだけでは誰も寄り付かないのがこの地の特徴です。

そんな福岡の役所メシ業界(?)の中にあって、ひときわ異彩を放つ食堂があると聞きやってきました。今回は福岡市の赤坂にある福岡西総合庁舎1F食堂をレポートしてみたいと思います。

地下鉄赤坂駅から徒歩2分

福岡西総合庁舎は福岡県庁の管轄する庁舎です。農林事務所や県税事務所、労働者支援事務所が入居し、裁判所や中央体育館などの公共施設が集まる赤坂の一角に立地しています。

場所ですが、市営地下鉄赤坂駅2番出口を出て大濠公園方面に進みます。

f:id:mesitsu_lb:20170515144107j:plain

▲赤坂駅出口。大濠公園方面を目指して歩いてください

f:id:mesitsu_lb:20170515144130j:plain

▲30メートルほど進むと角にプロントがあります。その角を左へ曲がってください

f:id:mesitsu_lb:20170515144200j:plain

▲福岡城址を右手に見ながら真っすぐ進みます

f:id:mesitsu_lb:20170515144213j:plain

▲50メートルほどで左手に茶色の6階建ての庁舎が見えてきます

f:id:mesitsu_lb:20170515144236j:plain

▲こちらの正面入り口から入りましょう

f:id:mesitsu_lb:20170515144251j:plain

▲正面入り口すぐの場所に看板が出ています。この奥が食堂になります

f:id:mesitsu_lb:20170515144305j:plain

▲こちらが食堂の入り口です

食堂の入り口には「ふくおか農業応援団」ののぼりが掲げられています。県産食材(後述)をふんだんに使用している証ですね。安全安心の旗印です。

では、早速中へ入ってみましょう。

これが役所の食堂か!?

良く言えば機能的、悪く言えば無機質。そんなイメージのある役所の食堂ですが、この福岡西総合庁舎食堂は一風変わったインテリアが特徴的です。

f:id:mesitsu_lb:20170515144359j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。