ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

豪華客船に乗ってきたぞ! 大阪・横浜発着便も開始する『スーパースター ヴァーゴ』船内はこんな感じ

dsc_0256

学生、チューモク! ファミリーもカップルもおひとりさんもまとめてチューモク!

今年7月より大阪と横浜を母港とする7泊8日クルーズを運航する豪華客船『スーパースター ヴァーゴ』に乗船してきました。1993年造船の『ヴァーゴ』が日本にやって来るのは実に17年ぶり。「でも、お高いんでしょう?」というアナタ、目ん玉どっ開いてチューモクですよ!

dsc_0192

優雅な船旅なんて、確かに筆者も「経済的に余裕のある人が老後に……」くらいに思ってましたよ。でも実は、飛行機で行く海外ツアーよりもお手頃で気軽に行けちゃうのだと分かりました。超絶ラグジュアリーな船内の様子と共にその魅力を紹介します。

※本記事は写真メインの記事となります。全ての写真が表示されない場合はこちらをクリックしてください。

充実のエンタメ施設

dsc_0199

筆者が体験したのは、香港発着5泊6日クルーズ(寄港地:マニラ、ラオアグ、高雄)のうち、香港-マニラ間の2泊3日。でっかい船を見ただけで高まるぅ!

dsc_0010

乗船してすぐ目にしたメインロビーに驚き。船内なのに天井たっかい! 日によっては、このメインロビーがダンスフロアへと様変わりします。キラキラのドレスを着た舞踏会的なアレじゃなく、もっとフランクに楽しめるタイプなのでご安心を。


日本発着便の場合は、またちょっと雰囲気が違うかもしれませんね。

東京ドームの約1.5倍の広さを誇る13階建の『ヴァーゴ』は、935室を備え、1870名の乗船が可能。航海中も飽きを感じることのない様々なアクティビティ施設が充実しています。

dsc_0429

広い空と海を眺めながら楽しめるパルテノンプールには、ウォータースライダーやジャグジーも完備。

dsc_0430

一部が海に突き出したウォータースライダーはスリル満点。こりゃヤヴァイってばよ! キッズから大人まで狂ったようにリピートしてスライディングしてました。


dsc_0489

まさに洋上でしか体験できない贅沢なアトラクションですな。

dsc_0535

ジムにはランニングマシンやサンドバッグが。後述するレストランで食べ過ぎても気軽に汗を流すことができます。

1 2 3次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。