ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“これからも自由に歌おう! ”〈HOBO SPECIAL 2017〉リクオ × 仲井戸"CHABO"麗市 × 大槻ケンヂでチャック・ベリー、RC、筋少、JAGATARAまで飛び出した夢の一夜ーOTOTOYライヴレポ

“これからも自由に歌おう! ”〈HOBO SPECIAL 2017〉リクオ × 仲井戸"CHABO"麗市 × 大槻ケンヂでチャック・ベリー、RC、筋少、JAGATARAまで飛び出した夢の一夜ーOTOTOYライヴレポ

2017年5月25 日(木)東京・下北沢GARDENにてリクオ主催のコラボレーションライヴイベント〈HOBO CONNECTION〉の千秋楽公演〈~HOBO SPECIAL~〉が行われた。

4月13日(木)下北沢GARDENを皮切りにスタート、10公演目として再びここ下北沢GARDENに戻ってきた今年の〈HOBO CONNECTION〉。リクオ with HOBO HOUSE BAND【寺岡信芳(ベース)小宮山純平(ドラム)宮下広輔(ペダルスティール)】はホスト・バンドとして京都では仲井戸 “CHABO”麗市、大槻ケンヂを、名古屋ではチャボと竹原ピストルを迎えてライヴを開催しており、この日は京都公演と同じメンバーでの2回目のライヴとなる。

開演前のBGMも楽しいこのイベント。「激しい雨」(忌野清志郎)、「泥んこ道をふたり」(Leyona & 東京スカパラダイスオーケストラ)「助けてフラワーマン」(トータス松本 & BLACK BOTTOM BRASS BAND)【※ともにボ・ガンボスのカバー】、「日曜日よりの使者」(THE HIGH-LOWS)など、らしさ溢れるものだった。

●リクオ with HOBOHOUSE BAND
まずはリクオ with HOBOHOUSE BANDによるライヴから。ドラムの軽快なリズムからベース、ペダルスティールが重なり、「さあ始めますか! 気兼ねなく、みんなで共謀しよう! 首謀者のリクオです」と世相を反映した皮肉とユーモアたっぷりのMCから「ランブリングマン」(2014年発売『HOBO HOUSE』収録)からスタートした。「カモン、リクオ!」と間奏では自らにソロを促して弾むように鍵盤に指を走らせるリクオ。今やライフワークとなった〈HOBO CONNECTION〉の楽しさが伝わってくる明るくほっこりしたオープニングだ。ミディアム・テンポの「希望のテンダネス」ではラップHIPHOPテイストも感じさせるボーカルを聴かせ、「グラデーションワールド」では疾走するディスコティックな演奏とリクオのボーカル、宮下のペダルスティールがシンセポップさながらのリフを繰り出して気分を高揚させた。

●大槻ケンヂ / リクオ with HOBOHOUSE BAND
「from 筋肉少女帯 大槻ケンヂ!」と呼び込まれて登場した大槻は「ホーボーコネクション! お招きありがとう! 」と第一声からカバー・ソングを収録したソロ・アルバム『ONLY YOU』からタイトル曲「ONLY YOU」(ばちかぶりのカバー)を歌唱。間奏では、「君が好きなんだ!」とリクオに向かって語りかける大槻に観客からドッと笑いが起きた。穏やかな笑顔を客席に振りまく大槻は筋肉少女帯とは違うソロ・アーティストとしての魅力を感じさせる。アコギを手にして「あのさぁ」を歌うと、自分はパンク、アングラ、ハードロック出身ということもあり、まわりにポップスやブルージーな音楽をやる人があまりいない、とこのイベントに新鮮さを感じていることを告白。リクオは大槻のソロ・アルバムやエッセイ、小説を読んでいたとのことで、同世代ということもあり会っていないのに友だちのように感じていたそうだ。

リクオがアマチュア時代に初めて共演したプロ・ミュージシャンだという西岡恭蔵の代表曲「プカプカ」を大槻とリクオのボーカルで(大槻が初めて共演したプロのミュージシャンはヒカシューの巻上公一かも? とのエピソードも)。気だるいサウンドがたまらなく気持ち良い。「ええかんじやんな~?」と満足げなリクオに、「あはははは!」と笑う大槻も特別なライヴが楽しそう。そんな楽しさが極まったのが次の曲。なんと「踊るダメ人間」をアコギを弾きながら歌う大槻。「50肩でない方はご協力頂きたい」との謙虚なお願いに一部のお客さんからはXポーズが飛び出したが、着席スタイルということもありジャンプもできないため、さすがに筋肉少女帯のライヴのようにはいかない。しかし「やるならやりましょうよ、ねえみなさん!」と大槻の必死の訴えにほだされて(?)徐々に客席に広がるXポーズ。「激しい曲にペダルスティールが“フィーン”って鳴るのがすごく良かった(笑)」とリクオ with HOBO HOUSE BANDの演奏を讃える大槻。筋肉少女帯人間椅子「地獄のアロハ」ではペダルスティールも導入されているが、今後、筋肉少女帯の激しい曲にもペダルスティールがフィーチャーされる可能性も?

●仲井戸 “CHABO” 麗市/ リクオ with HOBOHOUSE BAND
「俺たちの憧れ、俺たちのチャボ!」とリクオに呼び込まれ盛大な拍手で迎えられながら、〈HOBO CONNECTION〉には欠かせないアーティスト、仲井戸 “CHABO” 麗市がステージへ。テレキャスを手にしたチャボは「大槻、元気いいな(笑)」と一言。1曲目は2015年にリリースした最新アルバム『CHABO』収録曲「オーイっ !」。老いをテーマにした曲をこんなにかっこいいブルージーなロックンロールにしてしまうのだから恐れ入る。「リクオのおかげで大槻ケンヂ君とも出会えました」とのMCに大拍手。続いてRCサクセション「君が僕を知ってる」へ。いつまでも聴き続けたい不滅の名曲だ。バンマスのリクオからのリクエストとしてもう一曲歌われたのはRCの「たとえばこんなラヴ・ソング」。ライヴでは弾き語りアレンジの印象が強いだけに、『PLEASE』収録のバンド・アレンジによる演奏は逆に新鮮だ。多くの観客がエンディングのコーラスの掛け合いに参加していた。リクオが下がり、宮下と共に昨年も歌われたニール・ヤングの「Harvest Moon」のカバーを披露。深くリバーブがかかったアコギ、ペダルスティールで会場が幻想的なムードに包まれたこの曲はなぜかRCの曲以上にチャボの歌い回しに清志郎っぽさを感じさせた。

そして、リクオと清志郎の共作「胸が痛いよ」をリクオがピアノで歌い上げ、チャボがアコギによるスライドでサポート。続いてバンドに戻り、豪快なサウンドでジミ・ヘンドリックスのカバー「Little Wing」へ。“空を切り裂いて舞い降りて 僕らを救ってくれよ いつかのあの歌のように”と、「ヒッピーに捧ぐ」を思わせる歌詞を含む、清志郎に捧げる日本語カバーとなっていた。リクオが作ったばかりの曲、という「永遠のロックンロール」を、ロックンロールへの想いが込められた歌詞とシンプルな演奏で歌うと続く「オマージュ – ブルーハーツが聴こえる」では激しいビートに乗せたマイナーメロディのメッセージソングで、会場にこの日一番の熱気を生み出した。すると今度はチャボが「俺たちはこの人がいたからここに立っているようなもの。チャック・ベリーに捧げるよ!」と日本語で「ロックンロール・ミュージック」のカバーをプレイ。ロックンロール・リフが炸裂すると、リクオはリトル・リチャードばりのピアノで応える。本物のロック・アーティストにとって、チャック・ベリーは共通言語。ましてRC時代にチャック・ベリーと共演してるチャボが今チャック・ベリーを演奏するのは必然だ。

1 2次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。