ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【自宅でできる塊肉調理】ヒルトン東京お台場の総料理長に教わる「おいしいステーキの焼き方」

f:id:Meshi2_IB:20170427092630j:plain

新緑がまぶしい今日この頃。五月といえば、ちまたじゃ初ガツオだなんだと騒々しいが、暦の上では夏。

そして、夏は「肉」の季節。

肉と言えばグリルだ。

食材(肉)、②香辛料と調味料、③焼き、の三要素からなるグリル料理は、シンプルさゆえにゴマかしがきかない。まるで真の「デキるオトコ」のように潔く、味わいがあり、奥深い料理なのだ。

ゆえに自炊派男子の読者にとって、グリルを使った肉料理はマストなレパートリーなのである(ちょっと強引)。

f:id:Meshi2_IB:20170427092631j:plain

限られた予算とお家にある調理器具を使って、手軽かつおいしく肉を調理して食べたい読者のために、あの「ヒルトン東京お台場」の総料理長・水口雅司シェフに、肉のうま味を十二分に引き出すことのできるオリジナルレシピ、名付けて「水口雅司流リブロースステーキ」の調理法をうかがってきた。

「Grillogy」…… グリル料理は、ロジックだ

f:id:Meshi2_IB:20170427092632j:plain

取材場所はヒルトン東京お台場2Fにあるグリルレストラン、グリロジー バー&グリル。昨年末にオープンしたこのお店、グリルを使った肉料理の極北とも言えるシグニチャーメニュー「トマホークステーキ」でご存じの読者もいるはずだ。

店名のグリロジーは「grill」と学問を表す接尾語の「-logy」を合わせた造語。いわば「グリル学」「焼きの学問」と言ったところか。グリル料理は学問のように体系的で論理的。自炊派男子にとってこんなにうれしいことはない。「システマティックでロジカル」ということは、方法さえ学べば誰もが再現可能だからだ。

ヒルトンきってのデキる男、水口雅司シェフ登場!

f:id:Meshi2_IB:20170427092633j:plain

「ぼちぼち始めますか?」

と、厨房の奥から顔を出したのは、ヒルトン東京お台場総料理長の水口雅司シェフ。

今回のレシピの考案者であり指南役である。

f:id:Meshi2_IB:20170427092634j:plain

グリロジーという店名から、学究肌の方が出てくるのかと思いきや、「教授」と言うより「アニキ」と言った雰囲気の男前だ。

f:id:Meshi2_IB:20170427092636j:plain

水口シェフは料理人歴33年。

フランス料理をスタートに国内外のホテルで研さんを積み、1999年のヒルトンに入社以降は、失敗の許されない新ホテルの立ち上げ総料理長として日本各地のヒルトンホテル回った経歴の持ち主。

f:id:Meshi2_IB:20170427092637j:plain

ヒルトンという一流ホテルの料理長という立場にありながら、料理の技術をさらに高めるために、2008年にはスイスの五つ星ホテルに武者修行に出たというのだから、水口シェフの料理にかける情熱と腕前はハンパない。

水口流リブロースステーキのレシピを公開!

今回水口シェフに作っていただく料理は「水口風リブロースステーキ」である。選んだ肉はオーストラリア産のリブロース。水口氏いわく、家庭で手軽においしいステーキを楽しむなら、コスパの点でも部位の特性の面からも、スーパーの精肉売り場で容易に手に入るリブロースがベストとのこと。

なお、今回の調理法はサーロインでもヒレでもおいしく焼くことができ、そのうえ、肉も付け合わせもソースも一緒に調理する。フライパンひとつで作れるし、不要な洗い物も出ない。時間も手間も省くことができる、実にさえた焼きかたなのだ。

f:id:Meshi2_IB:20170427092638j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。