体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SNS投稿で「自滅してしまう人」の特徴

「論理的に伝わる文章の書き方」や「好意と信頼を獲得するメールコミュニケーション」等の文章力・コミュニケーション力向上をテーマに執筆・講演活動を行う山口拓朗さん。そんな山口さんに「ビジネスパーソンのための文章術・コミュニケーション術」について伺うこのコーナー。今回は「SNSで意識したいこと・気を付けたいこと」についてです。f:id:k_kushida:20170522111842j:plain

SNSのメリットとは?

インターネットを利用している人であれば、何かしらのSNS(ソーシャル・ ネットワーキング・サービス)も利用しているのではないでしょうか。人気のSNS にはfacebook、twitter、インスタグラム、ブログ、LINE 、YouTubeなどがあります。スマホを片手に、小まめにSNSに投稿している人や、小まめに他人の投稿をチェックしている人も少なくありません。

すっかり私たちの生活に入り込んだSNS。多くの人が“便利で楽しいツール”という印象を持っていることでしょう。一方でSNSは、使い方を間違えると、とんでもないしっぺ返しを受けかねない“キケンなツール”でもあります。本記事では、その“キケンさ”の正体に迫ってみたいと思います。

その前に、改めてSNSの特性を見ていきましょう。まずはSNSの魅力から。SNSには、どのようなメリットがあるのでしょうか。思いつくままに挙げてみます。

【SNSのメリット】

◆誰もが自由にアカウントを持つことができる

◆双方向でやり取りができる

◆リアルタイム性に優れている

◆気軽にテキストや写真、動画をアップできる

◆初めての人とも、つながりを持ちやすい

◆友人や知人とつながれる(旧友を含む)

◆日本だけでなく、世界中の人とつながれる

◆同じ趣味・嗜好、価値観を持つ者同士でつながれる

◆パソコンだけでなく、スマートフォンでも利用できる

◆誰でも自由に情報発信ができる

◆自己表現ツールとして活用できる

◆情報収集ツールとして活用できる

◆口コミ・評判が広まりやすい

注:それぞれのSNSの機能や特性にもよります

SNSの落とし穴とは?

反面、SNSには、デメリットも少なくありません。

【SNSのデメリット】

◆不用意な投稿、失言・暴言などによって炎上することがある

◆発言を誤解されることがある

◆気遣いなど人間関係の負担が多くなる

◆個人情報の流出リスクがある

◆必要以上に時間を取られる

◆無自覚に人を傷つけてしまうことがある

◆つながりたくない人とつながってしまうことがある

◆アカウントを乗っ取られるリスクがある

◆中毒性がある(SNSにログインしていないと不安等)

◆人と自分を比べてしまう(他人の生活がよく見える等)

◆悪評や風評が広まりやすい

注:それぞれのSNSの機能や特性にもよります

このなかには、いわゆる「SNS疲れ」の引き金となる項目も散見されます。多くのツールがそうであるように、SNSも“諸刃の剣”です。正しい使い方をすれば、世のため人のためになりますが、使い方を間違えると、人を傷つけたり、人に傷つけられたり、あるいは、信頼や信用を損ねたりすることがあります。

インターネット上には、暴言や誹謗中傷で盛り上がる「匿名性の高い掲示板」が存在します(多くは、匿名型&クローズド型)。それらは「本音を言い合う場」として、あるいは、「感情のガス抜き」として有効な面もあるのでしょう。

しかし、SNS——よりオープンな場——に「匿名型&クローズド型の掲示板」の感覚を持ち込むと、取り返しのつかない問題に発展しかねません。とくにケアしたいのが、読んだ人から反感を買いかねない不用意な投稿です。

SNSは駅前広場である?

f:id:k_kushida:20170522112021j:plain

SNSに投稿やコメントをするとき、忘れがちなことがあります。それは「大勢の人に見られている」という意識です。

駅前広場での街頭演説を思い浮かべてください。演説をする人の前を、さまざまな人が通り過ぎます。そこには知人や友人もいれば、見ず知らずの人もたくさんいます。演説する人の声は、マイクと拡声器を介して駅前広場全体に響いています。

仮にあなたがSNSに「うちの上司は、頭悪すぎ」と書き込んだとしたら、その瞬間に、あなたの声は駅前広場に響き渡ります。行き交う人のなかには会社の同僚もいるかもしれませんし、取り引き先やクライアントの人間もいるかもしれません。もしかすると、該当する上司がたまたま歩いている可能性もあります。あるいは、その上司の知人や身内が歩いていて(聞いていて)、その話を当の本人に伝えるかもしれません。そうなったら、あなたはどうなるでしょう?

そう、多くのSNSは、個人の日記帳でも、外部から遮断された空間でもなく、不特定多数が行き交う「公の場」なのです。

SNSは拡散性に優れたメディアです。他人の悪口を書けば、尾ひれが付いて、またたく間にウワサが広まる恐れもあります。ウワサの範囲は、駅前広場から街中へ、街中から日本中、さらには世界中へ広まるかもしれません。

ふだん前向きで仕事ができるあなたが、マイクを通して職場の愚痴をこぼせば、「えっ、私が知っている○○さんとは別人みたい…」と思われて、あなたの好感度や信頼が急下降する恐れもあります。

「そんなつもりじゃなかったのに…」と悔やんでも“覆水盆に返らず”です。文章だけに限りません。昨今では、写真や動画を用いた不用意な投稿で信頼を失う人も少なくありません。

なぜ、このような悲劇が起きるかというと、「SNS=駅前広場=公の場」という意識が欠けているからです。自分の投稿が「駅前広場での演説と同じである」という認識が抜け落ちているのです。

「誹謗・中傷」と「批判」の違いって何?

そもそも、怒りの感情を持つことと、SNSを使って、その感情を外部へ解き放つことは、似て非なるものです。怒りの感情を解き放った先には、必ず他人がいます。

1 2次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。