ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『スチーミット』業界初!ミット型スチームクリーナーなら手軽に強力パワーが細かいところまでよく届く

スチームを使った掃除アイテムはいくつかあるがこの形は今までになかった。ミット(グローブ)型のスチームクリーナー『SteaMitt(スチーミット)』。スチームを噴射するミットの部分に手を入れることが出来るので、平面だけでなく、掃除しずらかったコンロや蛇口、椅子といった凸凹のあるものや曲面、狭い場所までササっと手を動かすことで掃除と除菌が出来る。

ミットに手を入れてスチームで掃除する! 熱くないの!?

世界最大の電動工具メーカー、ブラック・アンド・デッカー社が手掛けたこの商品。スチームクリーナー『SteaMitt(スチーミット』(約260×120×160mm/約1.66kg・希望小売価格税抜15,000円)。どんな商品なのか、早速検証してみよう。

セット内容は本体、ホース(ミット)、マイクロファイバーパッド2枚、取扱説明書。

ミットとマイクロファイバーパッドはマジックテープのような仕様になっており、ペタッと取り付けるだけ。

ホースを本体に取り付け、電源プラグをコンセントに差し込み、本体の横についているメインスイッチ(黒色)をONにする。


約20秒で内部のボイラーが温まりスタンバイが完了。

次に本体ハンドル部分のスチームのスイッチ(青色)をONにするとスチームが出る仕組み。給水タンクに水を入れた直後や使い始めはボイラーが温まるのに約45秒かかる。スタンバイが完了したかどうかランプなどで分かるようにはなっていないが、1分以内で完了するのでそこまで神経質になることはない。

スチームの準備が出来たらあとは簡単。雑巾や布巾で拭くのと同じようにミットを動かすだけ。スチームというのはとても熱いもの。一歩間違えば火傷してしまう可能性もある。手を入れて熱くないのだろうかという不安があったが、ほんのり温かさを感じる程度。ミットの中にある手は、もちろん大丈夫だ。連続使用でも熱くなりすぎることはなく、掃除をする上では全く問題はない。自分にスチームがかかることもなく、快適に掃除できる。ただし、取り外す時には要注意。

 

音も静かでスチームたっぷり!

給水タンクの容量は100ml。給水タンクは本体からは取り外せないので、計量カップを使って100mlを注ぎ入れるのがおススメ。内部のボイラーが十分に温まっていない状態でスチームスイッチをONにすると、水がそのままミット部分から出てくることがある。スチームスイッチを入れた後はすぐに使い始めるのではなく水抜きをして、完全に水が止まりスチームが出始めてから掃除をすると良い。 この時にボタボタと水が垂れてしまうので、洗面所やシンク内で作業すると良いだろう。スチームの出方にも満足。しっかりと出ており、申し分ない。

平面ではない水道の蛇口や机の角などはミットで挟み込むようにして掃除する。本体も置きっぱなしで良いので、ミットを動かすことはとても楽。コードの長さも3mあるので、コンセントの位置もそれほど気にしなくて良い。手に装着しているのでズレることもないし、狙い通りの掃除が出来る。音はスチームが出る時のシューという音のみ。大きな音はしないので、時間帯や環境を気にせずに使えるのも良いところ。

1回の給水(100ml)でスチームが出ている時間は約3分50秒くらい(記者調べ)。この時間があればリビングの食卓や椅子を一通りサっと拭き掃除が出来る。また、キッチンであれば、キッチン台や壁のタイルなど気になるところを一通り掃除出来る感じだ。

1 2次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy