体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家具やおもちゃに大変身!? 余ったダンボールの活用術3選!

家具やおもちゃに大変身!?余ったダンボールの活用術3選!

ネットで探してポチっとするだけで荷物が届く。ネット通販はとても便利だが、ひとつ厄介な問題も……。それはダンボールの処理問題。捨てるのは面倒だし、かといってずっと置いておくのも邪魔になる。せっかくたくさんあるのだから、何かに役立てることはできないだろうか? そう思いたち、ダンボール家具の専門店「ダンボール倶楽部」の店長兼デザイナーのチャッピー岡本さんにダンボールの活用術を聞いた。

その1:ダンボールマネキンで帽子の型崩れを“防止”!

【画像1】「ダンボールマネキン」の完成イメージ(写真提供/ダンボール倶楽部)

【画像1】「ダンボールマネキン」の完成イメージ(写真提供/ダンボール倶楽部)

まずは、意外と保管しづらい帽子をかけておける、「マネキン」のつくり方を教えてくれた。用意するものと手順は以下のとおり。

<用意するもの>

・ダンボール(約20×40cmを4枚)

・木工用ボンド

・カッターもしくはハサミ

・ものさし(方眼紙でも可)

<帽子掛け(マネキン)のつくり方>

1.ダンボール箱から長さ約40センチ、幅約20センチ程度の板を切り出し、木工用ボンドで2枚貼り合わせたものを、2つ用意する。

2.それぞれ、人の形に切り抜く。それぞれの中央まで縦の切り込みを入れる。切り込みの幅は、貼り合わせたダンボールの幅分あける。切り込みの長さはそれぞれの真ん中まで。【画像2】切り方は、この画像のように(写真提供/ダンボール倶楽部)

【画像2】切り方は、この画像のように(写真提供/ダンボール倶楽部)

3.2つの人の形に切ったダンボールを真ん中で十字にはめ込んだら、完成。【画像3】ダンボールを切って、組み合わせただけで簡単につくることができる(写真提供/ダンボール倶楽部) 【画像3】ダンボールを切って、組み合わせただけで簡単につくることができる(写真提供/ダンボール倶楽部)【画像4】帽子の保管はもちろん、気分によって被せる帽子を変えても面白そうだ(写真提供/ダンボール倶楽部) 【画像4】帽子の保管はもちろん、気分によって被せる帽子を変えても面白そうだ(写真提供/ダンボール倶楽部)【画像5】目や口などにカットを入れても可愛く仕上がる(写真提供/ダンボール倶楽部)

【画像5】目や口などにカットを入れても可愛く仕上がる(写真提供/ダンボール倶楽部)

たしかに帽子は、置き場所に困ることが多いし、適当にその辺に投げておくとすぐに型崩れしてしまう。もちろん、店でも帽子をキレイに保つためのマネキンは販売されているが、自分でつくれるのなら、それに越したことはない。帽子の保管だけでなく、インテリアとしても活躍しそう?

その2:BOX収納も、ダンボールDIYで節約!

続いて教えてもらったのは、収納棚と収納BOXのつくり方。BOX収納は使い勝手バツグンで、人気の家具でもあるが、ダンボールがあれば簡単につくることができるのだ。【画像6】収納棚と収納BOXの完成イメージ(写真提供/ダンボール倶楽部)

【画像6】収納棚と収納BOXの完成イメージ(写真提供/ダンボール倶楽部)

<用意するもの>

・ダンボール(2つ)

・ガムテープや布テープ

・カッターもしくはハサミ

・木工用ボンド

<収納棚のつくり方>

1.ダンボール箱を1つ組み立てる

2.補強板を別のダンボールから切り出す。1.の箱の内面サイズに合わせて切る(上下左右、底面で計5枚)。

3.それらを箱の内側にはめ込み、木工用ボンドや両面テープで貼る。【画像7】ダンボールを重ねることで、普通のダンボールでも強度が増す(写真提供/ダンボール倶楽部)

【画像7】ダンボールを重ねることで、普通のダンボールでも強度が増す(写真提供/ダンボール倶楽部)

4.箱のふた部分を内側に折り込み、木工用ボンドや両面テープで貼ってとめて完成。【画像8】それぞれの面が3重になり、かなり強度が上がっている(写真提供/ダンボール倶楽部)

【画像8】それぞれの面が3重になり、かなり強度が上がっている(写真提供/ダンボール倶楽部)

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。