体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

生姜焼き専門の定食屋さん「笑姜や」で生姜焼きの最高の食べ方を考えてみた

f:id:Meshi2_IB:20170221191346j:plain

数ある豚肉料理の中でも屈指の人気を誇る、生姜焼き。

みなさんはこの世に“生姜焼き専門の定食屋さん”が存在することをご存じでしょうか? そう、このお店には生姜焼き以外のメニューがないのです。

……いやいや、日本人が生姜焼きを愛してやまないからって、いくらなんでもそれは勝負かけすぎなんじゃ……。もうちょっと、フライとかハンバーグとかカレーとかもそろえたほうがいいんじゃ……。

内心、余計な心配をしてしまいましたが、そんな私が今回訪れたのは江古田にある「笑姜や(しょうがや)」です。

これ、結果から先に言うと、生姜焼きメニューのみで問題ない! むしろおいしいわ、安いわで毎日でも通えそう!!

今回は特製醤油ダレ、味噌ダレ、塩ダレ、おろしポン酢、ピリ辛ごまダレ、カレー風味という6種類の生姜焼きから3種類を選び、食べ比べてみることに。ぶっちぎりナンバーワンだった味つけがあったから、みなさんにも全力でおすすめします!

江古田の生姜焼き定食専門店「笑姜や」

f:id:Meshi2_IB:20170221191335j:plain

西武池袋線「江古田駅」南口を出て徒歩1分。

ラーメン店やカフェ、居酒屋さんなどが集まる学生街の一角に「笑姜や」はあります。

f:id:Meshi2_IB:20170221191334j:plain

お店の看板にも「生姜焼き定食専門店」とめちゃくちゃデカデカと書いてあります。ここまでピンポイントに生姜焼き定食をアピールするお店を他に私は知りません。

真剣に悩まざるを得ない! 6種類の生姜焼き

f:id:Meshi2_IB:20170221191336j:plain

店内はカウンターがメインで、あとはテーブル席が少々。

入口付近にある券売機で食券を購入して注文する方式です。

f:id:Meshi2_IB:20170221191337j:plain

生姜焼き定食の味つけは、特製醤油ダレ、味噌ダレ、塩ダレ、おろしポン酢、ピリ辛ごまダレ、カレー風味の全6種類。

f:id:Meshi2_IB:20170221191339j:plain

これがどれにしようか迷っちゃうんですよ。事前に下調べをしていた私ですら、「やっぱりスタンダードに醤油? いや、ピリ辛も気になるし、カレー風味も珍しいし……」なんて具合に思案しちゃう。ま、この迷うひとときも何よりの楽しみなんですけどね。

この日お店にいたスタッフの金田さんと相談し、 特製醤油ダレ ピリ辛ごまダレ おろしポン酢

の3種をチョイス。さあ、この3種類、それぞれどんな味なんでしょうか!?

f:id:Meshi2_IB:20170221191355j:plain

▲上から時計回りに特製醤油ダレ、ピリ辛ごまダレ、おろしポン酢

オーソドックスなおいしさが際立つ、特製醤油ダレ

まずは、特製醤油ダレからいただきます。6種類の中ではいちばんスタンダードな味つけといってよいかもしれません。

f:id:Meshi2_IB:20170221191344j:plain

▲生姜焼き定食・醤油ダレ(580円)

「そうそう、生姜焼きといえばこの味!!」と全力で首を縦にふれる、間違いなく安心できる味わい。生姜のさわやかさとニンニクの風味が効いた甘辛いタレが豚肉によく絡まり、たまりません。これはご飯が進む進む!

f:id:Meshi2_IB:20170221191345j:plain

スパイシーな辛さが後を引く、ピリ辛ごまダレ

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。