ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

映画『ピーチガール』の音楽を手がけた蔦谷好位置さんに聞く「無意識に“キラキラおじさん”なのかもしれません」

08710_98r0265

総発行部数1,300万部を超える大ヒットコミックが実写映画化! 『ピーチガール』が5月20日より公開となります。見た目は派手だけど中身が超ピュアな女子高生・ももと、硬派なさわやか男子・とーじ、学校一のモテ男・カイリ、見た目と裏腹に中身は小悪魔な・沙絵という個性的な4人のキャラを中心に、様々な恋の事件が勃発するラブコメディです。

本作を盛り上げる劇中音楽を手がけたのは蔦谷好位置(つたやこういち)さん。YUKI、エレファントカシマシ、Superflyなど数々のアーティストのプロデュースを務め、名曲の影に蔦谷さんアリ! と素晴らしい作品を世に送り続ける音楽プロデューサー・作曲家です。

今回は蔦谷さんに劇中音楽の製作秘話や、映画について色々とお話を伺ってきました。

%e8%94%a6%e8%b0%b7%e5%a5%bd%e4%bd%8d%e7%bd%ae

【蔦谷好位置さんプロフィール】
1976年生まれ。2000年、CANNABISとしてワーナーミュージックジャパンよりデビュー。2004年よりagehaspringsに加入。
YUKI、Superfly、ゆず、エレファントカシマシ、 木村カエラ、Chara、JUJU、絢香、backnumberなど多くのアーティストへ楽曲提供やプロデュース、アレンジを行う。近年では映画の音楽監督やCM音楽も多数手掛けるなど幅広く活躍している。

―蔦谷さんが『ピーチガール』の映画音楽を担当することになった経緯をお伺いさせてください。

蔦谷:JUDY AND MARYさんの曲や、YUKIさんの曲とか、(楽曲を手掛けた)既成曲が劇中歌として候補に挙がっていて、その中でYUKIさんの『ドラマチック』を使うという話になって、映画全体の音楽も『ドラマチック』のような曲の世界観でやりたい、ということでお話をいただきました。

―これまで劇中音楽を担当された作品を見るとどれも個性的な作品ですが、作品選びのポイントなどはありますか?

蔦谷:選んでいるというわけではなく、いただいたお仕事をやらせていただいているという感じですね。映画音楽自体にはすごく興味があるし、映画がもともと好きなので、お話をいただいたらすごく嬉しいし、トライさせていただきたいなと思ってます。

―『ピーチガール』はジャンルとしてはラブコメディーといった形になりますが、蔦谷さんご自身がやってみたい映画音楽のジャンルはありますか?

蔦谷:ちょっとシリアスなヒューマンドラマとかもやってみたいなと思いますけどね。サスペンスとかも面白そうですし。シリアスなやつをやってみたいと思いますね。

―ご自身が普段作られている楽曲の雰囲気とは違った感じですよね。

蔦谷:そうですね。そっちも結構好きなんですよ、実は。最近『ムーンライト』を観たんですけど、音楽が素晴らしかったですね。映像もよかったですけど、音もすごく新しい感じがしたんですよ。
聞いた話によると(音楽を)作っている人が、ヒップホップ的なやり方で、オーケストラをサンプリングしてチョップしたみたいに並べ替えたりしてやっているみたいで。それがすごい面白かったんですよね。発想が面白いですよね。

―『ピーチガール』をご覧になっての率直な感想を聞かせてください。

蔦谷:いやあ、もうキラキラしてるなあ~という感じですよね、まずは(笑)。切ないなあ、というところもあったし。こういうことないなあ~、ああ!あるある!いや、俺にはなかったかも、とかいろんなことを思いながら観てました。

―今回音楽を担当される前から「ピーチガール」の原作はご存知でしたか?

蔦谷:僕は知らなかったです。原作があるというのを聞いて「そうなんだ」と。で、奥さんに聞いたら「学生の頃めちゃくちゃ読んでた!」って言っていて、「カイリは誰がやるの?」とか。やっぱり女の子はそこが気になるんでしょうね(笑)。

―オープニングや『ドラマチック』が使用されているシーンもそうですが、作品全体的に疾走感というか、走っているシーンが印象的ですよね。

蔦谷:あとで監督と「やっぱり走るってすごいな」という話になって。映画だけではないですが、走るシーンってたくさんあるじゃないですか。それで走るシーンに合う音楽ってなんだろうと思ったら、たしかに『ドラマチック』めちゃくちゃ合うな!と思って。
そこからこの映画も走っているシーンなかなか多いぞ!と思ったときに、オープニングの音楽をイメージしていった感じですね。
『ドラマチック』を作曲した自分が音楽を担当するということよりは、“走ってる”というところで、テンポ感とかをイメージしていきました。

―どの様な音楽にするかはすぐにまとまったのでしょうか。

蔦谷:(映画を)観た時に自分で勝手にイメージして何曲か作ったりしたんですけど、それはすぐには使われなくて。やっぱり監督の考えるイメージなどだったりとかを聞いて「ああなるほど、そうかそうか!」と思って、それを具現化していくという作業をやりました。

―監督からは「蔦谷さんが普段やられているような音楽をやってほしい」というようなことを言われたとか。

蔦谷:そうですね。それはすごく大きかったです。監督だけではなくて、プロデューサーのみなさんからもそういう風に言っていただいて。「かっこつけんじゃねえよ、蔦谷好位置!」みたいなことですよね(笑)。
だから普段通りやればいいんだ、というよりも「昔こういう風にやれてたじゃん!そうだそうだこの辺だ、この辺にあったじゃん、あっこれだ!」みたいな感じで引き出しをカッと開く感じでしたね。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき