体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ひき肉料理界に“手抜き革命”を起こす!? ミンチにしない【ワンタン、シューマイ、ハンバーグ】

f:id:Meshi2_Writer:20170403164106j:plain

餃子、ハンバーグ、メンチカツ、ロールキャベツ、ピーマンの肉詰め、キーマカレー、担々麺、麻婆豆腐……。

世の中にひき肉を使った料理はたくさんありますが、もう百発百中でうまいですよね!

中でも僕・パリッコの大好物で、簡単なので晩酌メニューに登場する頻度の高い「ワンタン」を作っていた時、ふと、こんな風に思いました。

これ、ミンチにしなくてもいいんじゃね?

我が家の冷蔵庫にたいてい常備されている肉類は「鳥ムネ肉」「豚のコマ切れ」の2種類。

応用範囲が広く、値段も手頃なので、大量に買って小分けで冷凍しておくことが多いです。

家でワンタンを作る時は、まず豚肉を解凍し、包丁で好みの荒さに細かく切っていくところから始めていたんですが、ちょっと面倒なこの作業の途中、どうせ皮に包んじゃうんだし、切らないでそのまま包んでしまってもいいんじゃないか? と思いついたわけです。

さっそく実行してみたらこれが大成功!

めっちゃくちゃ簡単なのに、究極に肉々しい、むしろ「こっちの方が好き!」っていうワンタンが完成してしまいました。

以来、我が家のワンタンの定番はこの作り方となってしまったんですが、今回は調子に乗って、その他のひき肉料理もミンチにしないで作れるかどうかの実験をしてみたいと思います!

よろしくお付き合いください。

ミンチにしない【ワンタン】

実験の前に、まずは「ワンタン」の作り方から。

本当に簡単なので、一瞬で終わっちゃいますが!(それぞれ分量に決まりはありません。お好きな量で試してくださって結構ですよ)

f:id:Meshi2_Writer:20170403163857j:plain

①豚肉(細切れなど)に、醤油と酒を目分量で適量もみ込みます

f:id:Meshi2_Writer:20170403163920j:plain

②市販のワンタンの皮に、豚肉を一切れずつ乗せていきます

f:id:Meshi2_Writer:20170403163930j:plain

③包みます

皮の片側を水で湿らせ、形になんてこだわらず、ぎゅっと包んでしまえば大丈夫。

この作り方唯一の欠点として、「肉の量の微調整ができないので、皮を余らせてしまいがち」というのがあるんですが、余った皮は、

f:id:Meshi2_Writer:20170403163945j:plain

このように

ぬれた手でくしゃっと荒く握り込み、そのままスープに入れてしまいましょう。

これもこれで全然おいしいので。

f:id:Meshi2_Writer:20170403163959j:plain

④中華スープでゆでます

鶏ガラスープの元とか、創味シャンタンDXとか、単体で売ってる市販のラーメンのスープとか、何でも好きなスープを作って沸騰させ、そこにポチャポチャと入れてっちゃってください。

お好みでネギやしょうが、ニラを刻んだり。

f:id:Meshi2_Writer:20170403164013j:plain

⑤完成!

これだけです。

どんなに料理が苦手な人でも失敗しようがないほどに簡単。

なのに、肉々しさ満点でおいしい〜!

具に野菜などは一切加えませんでしたが、その潔さがむしろ正解な気がしています。

ミンチにしない【シューマイ】

次は、ちょっと難易度の上がりそうな「シューマイ」に挑戦してみましょう。

僕はシューマイに関しても、最も重視するポイントは「肉々しさ」なので、野菜などの具は加えない方向でいってみたいと思います。

f:id:Meshi2_Writer:20170403164029j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。