ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アンジュルム 何があろうと“止めれるもんなら止めてみろ!”未来をこじ開けてきた者達の凄み……そして「この場所で待っているから」

アンジュルム 何があろうと“止めれるもんなら止めてみろ!”未来をこじ開けてきた者達の凄み……そして「この場所で待っているから」

 2015年『大器晩成/乙女の逆襲』以降の快進撃でアイドルシーンに新たな波を生み、ド迫力のパフォーマンスと無邪気過ぎるキャラクターでもって、伝統あるハロー!プロジェクト内でも我が道を突き進んでいるアンジュルム。5月15日【アンジュルム コンサートツアー2017春 ~変わるもの 変わらないもの~】最終公演として、スマイレージ時代から数えて5度目となる日本武道館へ挑戦した。

アンジュルム キュートなライブ写真一覧

<『ワンピース』麦わらの一味を地で行くようなグループ 快進撃を阻む壁>

 アンジュルムの勢いが凄い。これは「大器晩成」のヒット以降、あらゆる楽曲やコンサート、インタビューや囲み取材での発言、チャートアクションやファンの増加率などからも感じ続けていたことだが、気付けば和田彩花はハロー!プロジェクト全体のリーダーに就任、2017年新春のハロコンではアンジュルムの象徴的楽曲「友よ」を全ハロプログループと共にオーラスで披露と、今や彼女たちはハロプロのみならずアイドルシーンを牽引していく存在にまでなった。「打倒!モーニング娘。」を無邪気に打ち出してしまう大胆不敵さ、プライベートで海や遊園地にみんなで遊びに行ってしまうフレンドリーさ、そして彼女たちの生き様やキャラクターとダイレクトにリンクする楽曲やライブのドラマティックさ。自ら「どん底」と称するスマイレージ後期の悔しさも力と笑顔に転換し、そのポジティブな力で周囲をどんどん引き寄せていく求心力もそうだが、このグループのあらゆる魅力はメンバーたちのバカが付くほどの純粋さに起因しており、そのピュアネスが爆発したときのアンジュルムは子供っぽい表現になってしまうが(子供っぽさも彼女たちの魅力なのでこの言葉を選ぶが)無敵である。

 そんな『ワンピース』の麦わらの一味を地で行くようなグループゆえ、アンジュルムは前述した通りの快進撃でここまで突き進むことが出来たのだろう。が、しかし、どんなアニメの主人公もそうであるように物語に苦難は付き物。今回の5度目となる日本武道館は、今やファンの間で伝説化している福田花音卒業公演【百花繚乱】(http://bit.ly/1Uqlce6)や、田村芽実卒業公演【九位一体】(http://bit.ly/1sKdhPx)に勝るとも劣らないコンサートにしたいという想いもある中で、本編でメンバーも語っていたが、チケットの売れ行きがなかなか伸びないという事態に見舞われた。工藤遥の卒業が発表されたばかりのモーニング娘。’17の全国ツアーや、翌月に控える℃-uteの解散コンサート、ももちこと嗣永桃子のラストライブ等、同じハロプロ内だけでもこれだけ多くの重要イベントと時期が重なったことも理由のひとつだろうが、アンジュルムの勢いが凄い。こう評価され続けてきた彼女たちにとって、そして何よりも今回のツアー及び武道館公演に過去最大級の自信を持っていた彼女たちにとって、この事態は想定外であっただろうし、悔しい想いもしたことだろう。

<そのすべてが変わらない私たちそのものだなと思ってます>

 そんな状況下で迎えた5月15日、日本武道館。ツアーやイベント、ブログ、ツイッターなどを通して当日まで「自信しかない!」「楽しみしかない!」と一切の悲哀を匂わせないアンジュルムらしい呼びかけを続けていた、そしてファンたちが「今のアンジュルムを観てほしい!」という熱い呼びかけを続けていた甲斐もあってか、少し前まで「チケットが半分しか売れていない」状況だったという会場は、2階最後方ブロック以外は埋まるという、最後まで諦めない気持ちが見事に反映された光景。その光景の中にはかつてここで卒業を迎えた福田花音や、同じくスマイレージ1期メンバーの前田憂佳の姿も。スマイレージ×アンジュルムがテーマとなっている同公演に相応しいシチュエーションで【アンジュルム コンサートツアー2017春 ~変わるもの 変わらないもの~】最終公演の幕は開けた。

 つばきファクトリーのオープニングアクト、荘厳なオーケストレーションによるオープニングSEを経て登場した彼女たちは、何があろうと明るい未来をこじ開けていくかのように「I 無双 Strong!」なるライブ新曲を激しくエモーショナルに、そして何より明るく開放的に歌い踊り、一瞬にして熱狂の渦を生み出す。歌、ダンス、ビジュアル、メンタルと全ての面においてベストコンディションに仕上げてきた8人による、まるでアンジュルムの無双状態はまだまだ続いていくと言わんばかりのパフォーマンス。なお、この日のセットリストはアンジュルム時代とスマイレージ時代の楽曲をブロックごとに振り分け、そこに初披露となる新シングル『愛さえあればなんにもいらない/ナミダイロノケツイ/魔女っ子メグちゃん』も織り交ぜていく、2009年のインディーズデビューから今日に至るまでの歴史を新旧メンバー一丸となって体現する構成になっており(詳しくは文末のセットリストをご覧頂きたい)、そこには和田彩花いわく「ここまで様々な変化を遂げてきたアンジュルムなんですけれども、可愛い部分とか、格好良い部分とか、あとは楽しい部分とかね。熱い部分、そしてちょっと切ない部分だったり、ミステリアスな部分……そのすべてが変わらない私たちそのものだなと思ってます。そんな想いを詰め込んだ今回のツアー、皆さん、最後まで楽しんでいって下さいね!」という想いがあった。

<紛うことなきアンジュルム。明るい未来をこじ開けてきたアイドルたちの姿>

 また、彼女は武道館に駆けつけてくれた大勢のファンに興奮しながら「今回(のツアー)は悔しい想いもちょっとしましたけれども……全部完売したかと言ったらそうではないですね(笑)。ですけれども、このツアーを通して本当に「アンジュルム、良いな」って改めて思ったし、本当に「みんなで創るアンジュルム、最高!」って改めて確認できたので、この機会にこんなたくさんの方に私たちのステージを観て頂けるのがすごく嬉しいです! 本当にありがとうございます。去年【九位一体】っていうライブをやったんですけれども、めいめいの卒業で「今のアンジュルムに自信しかありません」って言ったじゃないですか、私。(でも)今も自信あるから! 昨日の夜、言葉考えていたんですよ。何か言おうかなって考えていたんですけど、やっぱりもう(他の)言葉が思い浮かばないし、でも去年言っちゃったし、もう1回同じ言葉は言えないなと思って、今日は特にありませんっ!」と満面の笑みでコメント。そんなアンジュルムのすべてに自信を持ってお届けされるライブは、楽曲と共にスマイレージ~アンジュルムの各時代を行き来しながら熱量を増加させ、最終的にこのグループの今を浮き彫りにしていく。

 「笠原桃奈は家に出るクモも家族として扱い、レオナルドと名付けて愛でている」等の各メンバーの笑えるポリシーを紹介するコーナー、洋館の中で中西香菜が香水を振り掛けたりと大人びたメンバーの一面を描いたVTR等も交えながら、スマイレージ時代のレア曲とキラーチューンを畳み掛け「有頂天LOVE」で大スパークを生んだ武道館。そこで迎えた本編最後のMCでは「(今回のツアーで)私は曲に対する意識が変わりました。スマイレージ時代の曲を歌ったりして、ただ歌って踊るんじゃなくて、そのときに(メンバーが)どういう風に想っていたかとか、そういうことを考えるようになりました(上國料萌衣)」「私は身長が伸びました。前まで163cmだったんですけど、165cmになりました。グループの中で一番高い身長なんですよ。もう止まってほしい!(佐々木莉佳子)」「身長が止まった私はですね(笑)、MCが本当に苦手だったんですけど、今回のツアーでは事前に何を話すか考えたりせずに当日思ったことを素直に言うようになった。MCが出来なくて大号泣していた私とはサヨナラ~!(竹内朱莉)」等々それぞれにこのツアーで変化したことを紹介するのだが、この直後のアンジュルムブロックが凄まじかった。

1 2 3次のページ
Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy