体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ラーメン系譜学】吉祥寺ホープ軒本舗を抜きにして戦後ラーメン史を語るべからず【豚骨醤油の誕生】

f:id:Meshi2_IB:20170427135914j:plain

営業しているお店が1軒も載っていない、常識を覆す衝撃的なラーメンガイド本として、拙著『ザ・閉店』が、当サイト『メシ通』にて紹介された。

www.hotpepper.jp

その中で、著者である私・刈部山本がインタビューを受けているが、それが縁でこのたび、こうして『メシ通』で連載をやることになった。

そんな自分がやれることといったら、まぁ閉店した飲食店を巡るってのが筋になるだろうが、ただ営業していないお店を紹介するだけじゃあ芸がない。

『ザ・閉店』は元々ラーメン店以外にも大衆食堂や酒場、町中華も取り上げる予定だったが、掲載店をリストアップしたらドエラい数になってしまい、ラーメン店のみに絞った。

じゃあそれをどういう順番で掲載するかとなった時、豚骨とか背脂って普通にジャンルで分けていたら、自分がラーメンを食べてきた歴史の時系列となった。

ここでふと思った。

てことは、閉店したお店から修行先や影響を受けたお店をたどっていくと、ラーメンの歴史を追うことになるんじゃないか。

流行り廃りのあるラーメンのトレンドの中で、どうしてアノお店・アノ味は消えていったのか、そのブームはどこから生まれたのか、そのルーツはどこにあるのか。

そんな疑問と興味からこの連載が生まれた。

屋台〜ホームラン軒時代

環七ラーメン戦争と呼ばれたブームが巻き起こった1980~90年代、背脂豚骨醤油ラーメンばかり流行ったラーメン専門店。

そのルーツは今も吉祥寺の路地裏で営業しているホープ軒本舗となる。

f:id:Meshi2_Writer:20170416182403j:plain

▲吉祥寺・ホープ軒本舗の現在の佇まい

こうした背脂豚骨醤油の歴史は以前『背脂番付』という拙著で俯瞰(ふかん)したことがあるのだが、その時からずっと抱えていた自分なりの疑問だった。

だったら、ホープ軒本舗に直接、現在に至る話を聞いちゃうのがよかんベ。

というわけで、さっそく取材を申し込んでみた。

すると、なんとホープ軒本舗創業者・難波二三夫氏の長男・難波公一氏が直接応えて下さるというではないか!?

まさかの一発目にしてレジェンドを一番身近で知る男の登場である。

f:id:Meshi2_Writer:20170416182030j:plain

いきなりのラスボス登場感にたじろいだが、気さくに迎え入れてくれ、終始和やかなムードでインタビューは進行した。

── まず知りたかったのがホープ軒本舗の場所の変遷です。現在の場所で営業される前に、ハモニカ横丁(※吉祥寺駅前で今なお戦後闇市の雰囲気を残す、狭小店舗が密集する一角)で営業されていたと聞いたことがあるのですが……。

「やってない!」(以下、カッコ内コメントはすべて難波氏)

── えぇ!?

「みんな間違えてんだな。いま北口のロータリーのところに、三角地帯のコバルト商店街というのがあって、そこでホームラン軒として店舗を構えてやっていたんだけど、52年前(1965年、昭和40年)に一度撤退して、ホープ軒本舗として戻ってきたのが昭和53年」

── 勘違いしていました。そもそもは難波さんのお父さまがラーメンの屋台を開業したのが、吉祥寺ホープ軒本舗のはじまりと聞いています。

「そもそもは戦前に錦糸堀と言われた、今の錦糸町駅前に貧乏軒として昭和10年頃から屋台を引き出したの。貧乏軒っていうのは貧乏の風体をした屋台ってことだね。大学出ではないけど古着屋さんにいって詰め襟の学ラン買って、苦学生のような格好で夜、屋台を引っ張っていたと。これが結構繁盛したみたいよ」

先代(難波氏の父親)は、ラーメン店以外もリヤカーを引いて雑貨売りをしたり、三池炭鉱にも出稼ぎにも行ったという。そして、かつて河岸があった日本橋から移設されたばかりの築地で働いていた時、召集令状がかかる。

戦後スグは盛華公司(せいかこんす)というラーメン店を、用(よう)という中国人になりすまし営業(1958年=昭和23年開業)。その後は「特一番」というお店を少しやっていたが、勤めていた人間が名称を勝手に登記してしまい、屋号の変更を余儀なくされる。そのときつけたのが、ホームラン軒である。これは当時、戦地から引き上げてきたプロ野球の鉄人・川上哲治らの活躍にあやかり、当時文部大臣の知り合いがつけてくれたものだという。

先代は、吉祥寺のコバルト商店街で10年ほどホームラン軒として営業。その後、支店を増やすも、戦後復興の拡張計画やらでお店を畳むこととなり、再び屋台を引いて出直すことになる。

「オヤジと一緒に屋台を引いていたよ。ちょうど任侠者の映画のオールナイト上映が全盛の頃でね、中野駅前とかでやっていたら土曜なんかはひと晩で700~750杯出たかなぁ。高円寺にも出たし。中野は、南口から歩いた杉山公園の裏あたりに寮や銭湯があったから(屋台としてのニーズがあった)ね」

かくしてホープ軒誕生す

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。