ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

まるで”屋根のある公園”「東京R不動産」運営のOpen Aの新オフィスが自由で楽しすぎた

まるで”屋根のある公園”「東京R不動産」運営のOpen Aの新オフィスが自由で楽しすぎた

住宅やオフィス、公共空間のリノベーションを手掛ける建築設計事務所「Open A」。独自の角度から不動産の魅力を掘り起こす「東京R不動産」の運営でも知られている。

そんなOpen Aが昨年11月、本社機能を神田から日本橋馬喰町に移転。その新オフィス「Un.C.(アンク)」が、とにかくかっこいいとウワサだ。かっこいいだけでなく、「これからのワークスペース」にまつわる実験の場でもあるらしい。いったいどんな空間なのか? 訪ねてみた。

広いワンフロアにキッチン、リビング、執務エリアなどが混在

新オフィスはJR浅草橋駅から徒歩3分。神田川沿いに建つ7階建てビルの7階にある。じつはこのビル自体、そもそもOpen Aがリノベーションの設計を手掛けており、自らがつくり上げたオフィスにそのまま入居した形だ。また、オフィスの一部はシェアスペースとして運営し、少人数の組織、フリーランスの個人などに貸し出している。外から多様な業種を迎え入れることで刺激を生み、時には協業して新しい価値を生み出したい。そんな狙いもあるようだ。【画像1】ショールーム兼倉庫だった建物を、一棟まるごとリノベーション。オフィス仕様へとリニューアルしている(写真撮影/森カズシゲ)

【画像1】ショールーム兼倉庫だった建物を、一棟まるごとリノベーション。オフィス仕様へとリニューアルしている(写真撮影/森カズシゲ)

ともあれ、まずはその空間の全容を見てみよう。【画像2】入口には“工事中”を意味する「Under Construction/Un.C.(アンク)」のロゴが。より良い空間は現在進行形で日々つくられていく。そんな志を表現している(写真撮影/森カズシゲ) 【画像2】入口には“工事中”を意味する「Under Construction/Un.C.(アンク)」のロゴが。より良い空間は現在進行形で日々つくられていく。そんな志を表現している(写真撮影/森カズシゲ)【画像3】入口から手前半分はオープンな空間。ベンチが置かれたフリースペースの奥に、みんなが集まれる「LDK」のような場所もある(写真撮影/森カズシゲ) 【画像3】入口から手前半分はオープンな空間。ベンチが置かれたフリースペースの奥に、みんなが集まれる「LDK」のような場所もある(写真撮影/森カズシゲ)【画像4】オフィス空間としては立派過ぎる対面式キッチン。コーヒー片手に何気ない会話を生み、人間関係の潤滑油的な役割を果たすのだとか(写真撮影/森カズシゲ) 【画像4】オフィス空間としては立派過ぎる対面式キッチン。コーヒー片手に何気ない会話を生み、人間関係の潤滑油的な役割を果たすのだとか(写真撮影/森カズシゲ)【画像5】ここは会社のリビング的なラウンジスペース。こちらも、雑談レベルのカジュアルなコミュニケーションが生まれやすい空間だ(写真撮影/森カズシゲ) 【画像5】ここは会社のリビング的なラウンジスペース。こちらも、雑談レベルのカジュアルなコミュニケーションが生まれやすい空間だ(写真撮影/森カズシゲ)【画像6】執務スペース。物流倉庫で使うラックを組み合わせ、各ブースをゆるやかに区切りつつも抜けのある空間に仕立てている。ラックは2段になっていて、下はデスク、上は物置。天井高4メートルの利点を、余すところなく生かしている(写真撮影/森カズシゲ) 【画像6】執務スペース。物流倉庫で使うラックを組み合わせ、各ブースをゆるやかに区切りつつも抜けのある空間に仕立てている。ラックは2段になっていて、下はデスク、上は物置。天井高4メートルの利点を、余すところなく生かしている(写真撮影/森カズシゲ)【画像7】個室の会議室も。よく見るとテーブルの天板が廃材のソーラーパネルになっていたりして、おしゃれかつエコ。細部にまで抜かりなくセンスが光っており、その一つひとつにいちいち感動してしまう(写真撮影/森カズシゲ) 【画像7】個室の会議室も。よく見るとテーブルの天板が廃材のソーラーパネルになっていたりして、おしゃれかつエコ。細部にまで抜かりなくセンスが光っており、その一つひとつにいちいち感動してしまう(写真撮影/森カズシゲ)【画像8】こちらは通称「ファミレス席」。個室を使うまでもないライトなミーティング、あるいは一人こもって集中したいときなどに重宝するそうだ。座ってみると、なるほど一人作業がはかどりそうな空間である(写真撮影/森カズシゲ)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。