体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『京都食べる通信』ミルクファームすぎやまのチーズ~食べる通信を食べてみる12食目【タベアルキスト】

f:id:tabearukist:20170424230319j:plain

こんにちは! メシ通レポーターのタベアルキストSudaです。

この企画は、こだわりの食材と情報誌が届く『食べる通信』を取り寄せ、どんな食材なのか実際に食べてみよう! という企画です。

『食べる通信』とは?

一般社団法人日本食べる通信リーグが全国展開している食材付き月刊情報誌。

会費制で、読者になると各地域における農水産物の生産者に焦点を当てた特集記事を掲載した冊子と、彼らが収穫した食物が毎月セットで届けられる。

第12回は『京都食べる通信』ミルクファームすぎやまのチーズ

第12回は『京都食べる通信』京都・京丹波町にある「ミルクファームすぎやまのチーズ」を取り寄せてみました。

一般的にモッツァレラといえば、イタリアの水牛のミルクで作られたのものが有名ですが、乳牛のミルクで作られたものも多くあり、また違った味わいの魅力があります。

ミルクファームすぎやまの杉山牧さんの作るモッツァレラは、乳牛のミルクから作られたモッツァレラ。

牛乳らしいミルキーさで、やわらかな甘みのあるサッパリとしたチーズです。

ミルクの味がダイレクトにでるフレッシュチーズだからこそ、ミルクファームすぎやまではおいしいミルクを作るための環境作りに取り組んでいます。

牛たちが牛舎の中を自由に移動でき、お乳が張った牛自らが自動搾乳装置へ搾乳しに行くというシステムは、牛たちにとってストレスが少ないばかりでなく、生産者の業務も軽減できるという、両者に優しい酪農スタイルです。

こだわりのチーズにこだわりのミルクあり、ですね。

f:id:tabearukist:20170424222058j:plain

▲『京都食べる通信』2017年1月号

さて、今回届いたのはホエイの入ったモッツァレラと真空モッツァレラ、それにさけるチーズの3種類。 そのうち2種のモッツァレラの特長をいかした和風のレシピが2品紹介されていました。 さっそく作ってみましょう。

モッツァレラがお雑煮に変身

まず最初に作るのが、「味噌漬けモッツァレラのお雑煮仕立て」

f:id:tabearukist:20170424222206j:plain

▲「味噌漬けモッツァレラのお雑煮仕立て」を作ります

こちらは加熱済みの真空モッツァレラを使用します。

f:id:tabearukist:20170424222710j:plain

▲今回は出汁パックを使いました

事前準備として、まずかつおと昆布の合わせ出汁を2リットルほど用意します。

f:id:tabearukist:20170424223047j:plain

▲一晩つけこんだチーズ

真空モッツァレラは調味料と合わせた味噌に一晩漬け込みます。

f:id:tabearukist:20170424223356j:plain

▲温度が下がるときに、食材に味が染みこんでいきます

お雑煮に使用する具材を、作っておいた出汁で炊きます。

一晩寝かせて具材に味を染み込ませます。

これで事前準備は完了!

当日は、合わせ出汁でカブを炊くところからスタート。

f:id:tabearukist:20170424223948j:plain f:id:tabearukist:20170424224317j:plain

▲火が通るとカブに透明感が出てきます

f:id:tabearukist:20170424224358j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。