ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉々しいマグロと、迫力満点の解体ショーに打ちのめされる【日本橋馬喰町たいこ茶屋】

f:id:Meshi2_IB:20170407104253j:plain

見た目は肉、その正体は……

ども、メシ通レポーターの松沢直樹です。

今日もおつかれさまでした。

ビールで乾杯の前に、いくつか料理を頼みましょうか。

とりあえず、煮込みとかどうかな?

f:id:Meshi2_Writer:20170405235935p:plain

あら、よく煮込まれていて、いい感じじゃないですか。

f:id:Meshi2_Writer:20170405231016j:plain

そうそう。スタミナつけたいなら、揚げ物はマストだよね。

串カツですか。いいじゃないですか、いいじゃないですか。

f:id:Meshi2_Writer:20170405232651j:plain

レバーは貧血とか疲れにもいいらしいっすよ。濃厚でまったりしたタレ味のレバーは、ビールでも日本酒でもいけますよね。

f:id:Meshi2_Writer:20170405232732j:plain

まだまだ、お肉食い足りないよね? ステーキも追加しましょうよ。

きたきたきた。ボリューミーで最高じゃないっすか!

さ、料理はとりあえずこんなところで。

生ビールを人数分頼んで乾杯しましょうか。

おつかれさまでした。かんぱーい。

あいや!

その乾杯、しばし待たれい!

せっかく盛り上がりかけたところで、水をさしてしまってスミマセン。

実は、この料理、ぜーんぶお肉じゃないんです。マグロ料理なんです。

一番上から「マグロの皮と筋の煮込み」「マグロの串カツ」「まぐろの心臓の串焼き」「マグロのほほ肉のステーキ」

でも見た目、完全に「お肉」でしょ?

10キロ級キハダマグロが!

これだけ、肉々しいマグロ料理を出すお店とはなんぞ?

東京は日本橋馬喰町にあります居酒屋さん「たいこ茶屋」です。

f:id:Meshi2_Writer:20170405230539j:plain

ほぼ毎日19時からマグロの解体ショー、20時からはじゃんけん大会を行うなど、サービス精神たっぷりで勢いがあるお店なんですな。

f:id:Meshi2_Writer:20170405230603j:plain

ここが入り口。お店は地下にあります。

なんせ看板にも、マグロが飾られているくらいですから、マグロに対する思い入れはハンパない。

お店の入口のそばには、今夜の解体ショーでさばかれるであろう1匹が、氷の中でスタンバイしておりました。

f:id:Meshi2_Writer:20170405230621j:plain

キハダマグロですね。重さは10キロ前後くらいでしょうか。

「ドナドナドーナードーナー♪」

まぐろの悲しい目を見て「ドナドナ」を脳内再生してしまったのはナイショです。

こちらの「たいこ茶屋」、マグロにこだわっているとはいえ、基本的には居酒屋さんなので、お肉や定番メニューもたくさんあります。こんな感じ。

f:id:Meshi2_Writer:20170405233006j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。