ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

肉厚&ジューシー! 肉食男子よ! このステーキを食らえ!【まとめ】

f:id:Meshi2_IB:20170117190534j:plain

炭水化物抜きダイエットを始めてから、肉ばっかり食っているメシ通編集部Jです。

どうですか、このレア感! 肉汁あふれるステーキを頬張る至福のとき……。

さっそく『メシ通』オススメのステーキ記事を紹介しちゃいます。

飯テロ度が非常に高いので、深夜の閲覧注意です!

京都の肉食女子よ(男子も)集え! 自家製ソーセージと巨大ステーキの肉汁に溺れるナイト【JUNGLE CAVE】

f:id:mesitsu_la:20150930184707j:plain

ふとした瞬間、猛烈に以下のような症状に襲われることはありませんか?

例1:猛烈に分厚い肉が食べたい

例2:カロリーなんか気にせず、コッテコテの肉汁をすすりたい

例3:夜だけどハイカロリーなメシが食べたい

f:id:Meshi2_IB:20170117191338j:plain

そんなアナタにオススメなのが、京都でいまもっともホットな肉バル「JUNGLE CAVE」。

f:id:mesitsu_la:20150930205709j:plain

どうですか、このボリューム感。

オーラを感じるステキなお姿。脂の少ない赤身肉なので、男性ならひとりで大きいサイズでも全然イケる!?

両手のひらぶんくらいはあるぞ……。提供されたステーキは、食べる前からその肉々しさが伝わる1品。たくさんのハーブを練り込んだ、自家製のバターが乗っています。

f:id:mesitsu_la:20150930184720j:plain

食べきった後はすっかり満腹。胃袋の最初から最後までが肉でいっぱいで、正直ちょっと苦しい……。しかしながら、えも言われぬ充足感が身体を包みます。肉をめいっぱい食べるのって、やっぱり幸せだなあ。お店のコンセプトである「夜にでっかい肉を食べたい」というあの頃の憧れを体現してくれるお店でした。

まさに「血の滴るような……」なんて言葉がぴったりなこのお肉。

野獣になった気持ちで、かぶりつきたくなるビジュアルです!

京都を訪れた際はぜひどうぞ。

www.hotpepper.jp

さてお次は、衝撃のお値段でステーキランチが食べられるお店!

四条烏丸の穴場ワンコインランチ! ジューシーなステーキを思う存分楽しもう!

四条烏丸周辺でお昼を過ごしたことがある方には、何となくわかってもらえると思うんですけど、結構ランチ難民になりがちなんですよ。街の中心部なので、ランチもそこそこ値が張るところが多い。休日の昼ならいいんですが、1時間休憩のサク飯に1,000円を使ってばかりだと正直キツいですよね。かといって、チェーン店で済ますのはもう飽きたし、欲をいえばガッツリ肉っぽいおかずを食らいたい……。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mesitsu_la/20160425/20160425064652.jpg

えっ!?

思わず我が目を疑いたくなるこの値段設定。

ステーキランチがなんと550円で食べられるという超絶オトクなお店の存在を、世の人々はどのくらい知っているのだろうか……。堂々と掲げられた「ステーキランチ ¥550」の文字。お店イチオシのメニューであることがうかがえます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/m/mesitsu_la/20160424/20160424155123.jpg

うーん、安い! 安すぎる! ステーキランチが100gで550円だと……? もちろんお肉はビーフ。その他にも焼そば・焼うどんなどの麺ものから、タコライスなどの変り種まで、リーズナブルなメニューがズラリと並んでいます。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。