ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビジネスマンこそ日本茶を? 自由が丘、東横線沿いの「ジャパニィズティー」が気になる

f:id:naruse_e:20170421203012j:plain

自由が丘に行くたびに思うのが、本当にここは「スイーツの街」だなぁ、っていうこと。老舗洋菓子店やパティスリー、人気のアップルパイやチーズケーキ専門店などが立ち並び、そこかしこから甘い香りが漂ってきます。

街行く人もなんとなく女性が多くて、皆さん洗練されたスタイルの方ばかり。筆者のように普段からカジュアルで着やすい服ばかり着ている者にとっては、なんとなく背伸び気分で歩きたくなる街なのです。

けれども最近、自由が丘駅の北口を出て、そのまま東急東横線の線路沿いを歩いて2分くらいのところに、気になるお店を見つけました。

f:id:naruse_e:20170421203025j:plain f:id:naruse_e:20170421203026j:plain

「ジャパニィズティー……」

f:id:naruse_e:20170421203103j:plain

なんとも古風な筆文字に、急須のマーク。そう、ここは日本茶のお店なんです。「すすむ屋茶店」はもともと鹿児島にある日本茶専門店で、その支店として2016年9月にオープンしました。

f:id:naruse_e:20170421203350j:plain

迎えてくださったのは、自由が丘店店長の住吉さん。

あの、「ジャパニィズティー」って文字、めちゃくちゃ目を引きますね。

住吉さん:鹿児島在住の書家・石原美紅さんに書いてもらったんです。同じ文字が本店にもあるんですよ。おかげさまで、文字をご覧になって入ってこられるお客さまも多いです(笑)。

ですよねー! さっき前を通りかかっていた学生さんも「ジャパニィズティー」って読みあげてましたもん。声に出してみたくなる言葉です。

f:id:naruse_e:20170421203408j:plain

店内はスタイリッシュな感じですね。なんか、コーヒースタンドみたいです。

住吉さん:そうですね。コーヒーのように、日本茶も産地や農家、茶匠、焙煎の加減やブレンドによって味わいや香りも異なります。食後に気軽に飲んでいただくのはもちろん、シーンや好みに合わせてお茶を選んでいただけたらいいなと思うんです。いろんなお茶の楽しみ方を提案していけたらと思って、立ち寄っていただきやすいようなお店にしました。

最近、海外でも緑茶がブームになってきているみたいですし、改めて詳しく日本茶のことを知りたくなってきました。

日本茶といえば、静岡や京都の宇治がお茶どころとして有名ですけど、鹿児島でも栽培されているんですね。

住吉さん:そうなんです。鹿児島は日本茶の生産量第2位なんですよ。産地としては日本の最南端にあたるので、新茶の時期も本州より早いんです。「八十八夜」と言われるように、立春から88日目……だいたい5月1〜3日に新茶を摘むことが一般的ですが、鹿児島の場合、種子島や屋久島など早いところでは3月末に出荷が始まるところもあります。当店では4月下旬から新茶をお出ししますよ。

なるほど。「新物」は縁起がいいと言われますけど、真っ先にゲンを担ぎたいひとは鹿児島のお茶を選ぶといいんですね。あぁ、なんだかさっきからお茶のいい香りがします。

住吉さん:今、緑茶をアロマポットで炊いているんです。お茶の香りって、心を落ち着かせてくれますし、消臭効果もあるんですよね。もしご家庭でされるなら、好みに合わなかったものや、賞味期限の切れてしまったものなどを使うと、捨てずに済みますよ。

f:id:naruse_e:20170421203523j:plain

おぉ……! これはいいアイデア! アロマオイルだと香りが強すぎて、なんとなくそわそわしちゃうんですよね。これなら香りも穏やかだし、家に帰ってからくつろぐのにも良さそうです。

f:id:naruse_e:20170421203544j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy