体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【鉄道メシ】鉄道博物館「カフェテリア日本食堂」で、懐かしい食堂車の味に舌鼓!

f:id:Meshi2_IB:20170405084548j:plain

三度のメシより鉄道大好き! ライターの望月崇史(もちづき・たかふみ)です。

大好きな「鉄道」を見ながら「メシ」を一緒に味わえば、もっとおいしいハズ……。

そんな飽くなき「美食」追求の思いからお届けしているのが「ライター望月崇史の鉄分補給メシ」。

列車を見たり、レールの音を聞いて、“鉄分”を補給しながら、メシを楽しめるお店を訪ねます。

今回は、首都圏を代表する「鉄道の街」へ行ってみました!

f:id:Meshi2_Writer:20170331194040j:plain

降り立ったのは、埼玉が誇るターミナル駅「大宮駅」。

大宮では東北・上越の新幹線が分岐し、在来線も東北本線(宇都宮線)、高崎線、京浜東北線、埼京線、川越線が乗り入れます。

このほか東武野田線(東武アーバンパークライン)、埼玉新都市交通・ニューシャトルも発着する、一大ジャンクションとなっています。

ホームには、E233系電車の高崎線「特別快速」高崎行が15両で入ってきましたよ。

f:id:Meshi2_Writer:20170331194224j:plain

「鉄道の街・大宮」のシンボルといえば、何と言っても「鉄道博物館」

大宮駅からはニューシャトルで1駅「鉄道博物館(大成)」で下車します。入館料を「Suica」でピッ! と払って、自動改札を通るように入館することが出来ます。

ちなみに、開館したのは平成19(2007)年10月14日の「鉄道の日」。早いもので、今年10月には開館10周年の節目を迎えるんですね。

鉄道の殿堂「鉄道博物館」

f:id:Meshi2_Writer:20170331194302j:plain

「鉄道博物館」のメイン展示、ヒストリーゾーン!

日本の鉄道史に名前を刻む名車両が、転車台のまわりに勢ぞろいしています。

ほぼ“不動のセンター”と言ってもいいのは、C57形蒸気機関車の135号機。今から42年前の昭和50(1975)年、北海道の室蘭本線で、国鉄最後の蒸気機関車による旅客列車でけん引機を務めたメモリアルな蒸気機関車なのです。

f:id:Meshi2_Writer:20170331194320j:plain

日本の鉄道の歴史は、明治5(1872)年、新橋~横浜間に開通した鉄道から始まりました。

日本初の蒸気機関車は、イギリスから輸入された「1号機関車」。今では国の重要文化財に指定され、鉄道記念物として大切に保存されています。

この蒸気機関車から始まって、半世紀あまりで先ほどのC57形蒸気機関車を自前で作るまでに、日本の鉄道技術は、急速に発展していったのです。

ああ懐かし! 181系「とき」

f:id:Meshi2_Writer:20170331194340j:plain

筆者、望月が「鉄道博物館」で一番好きな車両が、特急「とき」で活躍した181系電車。元々は昭和30年代、東海道本線で活躍したボンネットのこだま形電車に由来します。

実は私、最初に乗った在来線特急こそ、この181系「とき」!

昭和57(1982)年夏、最後の活躍を見せていた181系電車にぎりぎり間に合って、上野~小出間で乗車することがかないました。

この181系電車の車内に足を踏み入れる度に「初めての特急の旅」が思い出されます。

f:id:Meshi2_Writer:20170331194451j:plain

181系電車のリクライニングしない回転クロスシートに腰掛けて、かすかな記憶を思い起こせば、「初めての特急の旅」は、「初めての新幹線の旅」でもありました。

地元の駅から165系電車の急行「富士川4号」三島行に乗って、東海道新幹線「こだま」~山手線と乗り継いで、上野で自由席に並んで、181系「とき」に乗ったのです。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。