体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【名古屋メシまとめ】B級グルメの聖地・名古屋に行ったら絶対にトライしたいメニューについて

f:id:Meshi2_IB:20170119103334j:plain

名古屋といえばグルメの激戦地!

ういろう、ひつまぶし、きしめん、味噌カツ、あんかけスパ、手羽先、土手煮……。

いやいや、まだまだもっとたくさんあるはずです。

そんな食いしん坊の聖地・名古屋に行ったらぜひトライしてみたいお店、どどーんとご紹介しちゃいます!

名古屋人もうならせる。居酒屋チェーン『素材屋』の名古屋めしコースの実力がすごい!

『素材屋』は東京に9店舗、大阪に4店舗、そして名古屋に5店舗、計18店舗を展開する居酒屋チェーン。にもかかわらず、「味噌串カツ」や「手羽先の唐揚げ」などの定番から「鉄板ナポリタン」や「味噌とんちゃん焼き」など地元でしか味わえない名古屋めしメニューが充実しまくっているのだ。

f:id:Meshi2_IB:20150717094453j:plain

生粋の名古屋人をもうならせてしまうという素材屋 金山店の「名古屋めしコース」。前日までに要予約で3名から注文できるそう。地域によって品数や価格が異なるものの、コース料金は2,000円ほどと激安!

それではさっそくその一部をご紹介しましょう。

f:id:Meshi2_IB:20150717095816j:plain

▲台湾まぜそば鉄板焼き

f:id:Meshi2_IB:20150717100359j:plain

▲海老天むす

f:id:Meshi2_IB:20150717100418j:plain

▲小倉トースト

f:id:Meshi2_IB:20170119104910j:plain

▲土手たまご

ほかにも手羽先の唐揚げや味噌串カツなど合計8品目もの名古屋グルメが堪能できるこのお店。このお値打ち感、コスパの良さはまさに「名古屋メシ」の真骨頂ではないでしょうか!

www.hotpepper.jp

【名古屋きしめん漫遊記】すべての“きしメン”を唸らせる激旨「いもかわうどん」に、きしめんのルーツを見た!

f:id:Meshi2_IB:20160103100852j:plain

いつものようにきしめんを食べていたときのこと。ふと「きしめんの“きし”って何だろう?そもそもきしめんのルーツって……」との疑問を抱いた。と、同時に今まで何も考えずに、きしめんの美味しさを訴えてきた自分が恥ずかしくなった。

すぐさま愛知県麺類食堂生活衛生同業組合のホームページをチェックすると「様々な説があってどれも確かなものはありません」と、あった。

f:id:Meshi2_IB:20160103100727j:plain

ならば、ときしめんのルーツを求めて取材に出たフードライターの永谷さん。刈谷市一ツ木町の「きさん」といううどん屋さんの店主・都築晃さんに話を聞かせてもらうことに。

尾張と三河を隔てて流れる境川の三河側、現在の刈谷市北部が三河国芋川にあたります。江戸時代、芋川にあった茶店で売られていた平打ちのうどんがいもかわうどんと呼ばれていたようです。井原西鶴の『好色一代男』や十返舎一九の『東海道中膝栗毛』にも登場しています。それが尾張(名古屋)へ伝わって、きしめんになったのではないかと思います。

1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。