体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

フードコートのレベルを超越した煮干しラーメン! 村上市の「にぼしまじん」

f:id:bbhotstp:20170411001530j:plain

「ショッピングセンターのフードコードで食べるラーメン」

というと、お手頃価格でサっと食べることが出来るかわりに、どこにでもありそうで、そこまでこだわっていないものを提供しているイメージがないでしょうか?

ただ、実際のところは、最近は結構凝ったものを食べられるお店が増えつつあります。

今回ご紹介するのは、そんな中でも、とびっきりのこだわりの一杯を提供しているお店です。

f:id:bbhotstp:20170411000440j:plain

新潟県村上市のショッピングセンター「村上プラザ」のフードコート内にある「にぼしまじん」。

f:id:bbhotstp:20170411000456j:plain

にぼしまじん」。

こちらのお店では、その名のとおり煮干しをガッツリときかせた一杯を提供しています。

今回注文したのは、定番メニューの醤油ラーメンのチャーシュー版です。

f:id:bbhotstp:20170411000517j:plain

▲しょうゆチャーシュー(870円)

丼から立ち上がる煮干しの香りが絶妙です!

そして、あっさり系の醤油味のスープには、煮干しがガツンときいています。

f:id:bbhotstp:20170411000529j:plain

麺は自家製麺を使用しています。

f:id:bbhotstp:20170411000536j:plain f:id:bbhotstp:20170411000619j:plain

たっぷりと盛り付けられたバラ肉のチャーシュー、しっとり食感の鶏チャーシュー、そして、味玉、メンマなどのトッピングのクオリティーも実に高いです。

話題の一杯は、とてもおいしかったです!

こちらのラーメンを食べたいがために、遠方から訪れる人もいるのも納得ですね。

フードコートで作られる、煮干しラーメンのおいしさの秘密とは?

では、こちらの「にぼしまじん」が提供する一杯はどのように作られているのでしょうか?

フードコートで作られる煮干しラーメンおいしさの秘密を探りたいと思い、厨房への潜入取材を行いました。

f:id:bbhotstp:20170411000631j:plain

厨房に入ると、まず目に入ってきたのは大きな寸胴です。

多くのお客さんに提供する必要があるためか、大きな寸胴でたっぷりのスープを作っていました。

f:id:bbhotstp:20170411000646j:plain

使用しているのは、ゲンコツ、豚の背骨・アバラ骨、豚足といった豚の骨です。

そして豚バラチャーシューもスープで煮込まれ、スープに肉のうま味を与えています。

f:id:bbhotstp:20170411000651j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。