ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【どうしてこうなった?】蘇る伝説の”ダンサブル”シューティング!?PS4版『弾銃フィーバロン』開発者インタビュー

IMG_2738_1024


本当に、どうしてこんなことになってしまったんだろうか。

筆者は、有限会社M2の久保田ディレクターにPS4版『弾銃フィーバロン』について説明を受けているところだ。なぜか久保田Dはアフロのヅラを被っている。

現場には、M2代表取締役社長でプロデューサーの堀井氏、シューティングゲームブランド『M2 Shot Triggers』シリーズディレクターの長野氏、追加モードのプログラムを手掛けた福井氏、そして『秋葉原BEEP』の駒林店長にも同席いただいている。

非常に奇妙な状況ではあるが、少しずつ詳細をお伝えしていきたいと思う。

隠れる気の無い名作

まずは落ち着いて、『弾銃フィーバロン』のことから始めたい。(『弾銃』は「ダンガン」と読む。)
記事を皆さんは、この作品のことをご存知だろうか?

タイトルから察しのつく通り、このゲームの特徴はズバリ、「フィーバー」。つまり、”ノリの良さ”だ。

70年代ディスコミュージック風のファンキーなBGMに、「YES!!」「FEVER!!」といったボイスが飛び交う。
画面の左上では「サイボーグ兵士」なるキャラクターが常に踊り狂っており、画面の上からもスコアアイテムとしてバラバラと絶え間なく落ちてくる。
ボムを放つとダンサーのシルエットが画面全体を覆う。
ステージクリア毎に、極めてトラボルタ的なグラフィックが現れる、という具合である。

ただし、登場する自機や敵キャラは、最高にカッコ良い超硬派SF的メカなのだ。もう滅茶苦茶だ!どうしてこうなった!

……ということで、これで久保田氏のアフロヘアーについてもご理解いただけたのではないだろうか。このタイトル、とにかく、”ノリの良さ”が重要なのだ。

そんな奇妙なバランス感覚で構成される『フィーバロン』は、弾幕系シューティングを確立させたことで有名な、株式会社ケイブの開発により、1998年にアーケード向けタイトルとしてリリースされた。
上述のフィーバーな演出の為に全くもって地味な印象が無いのだが、これまでに家庭用移植がなかったこともあり、未プレイの方や、ご存知なかったという方も多いのではないだろうか。

フィーバーできること間違い無しなので、是非触れてみてほしい。

19年越しの移植実現。

さて、そんな『弾銃フィーバロン』だが、昨年春に行われたイベント『ケイブ祭りが大運動会 ~汗と涙とブルマ~ 』にて、PS4への移植決定が発表された。
その時も、やはり筆者は現地で「どうしてこうなった?」と考えていた。
イベントのタイトルについてではなく「何故M2は『フィーバロン』を選んだのか」ということだ。
もちろん、既に『フィーバロン』を知っている人には願ってもないパンチの効いた発表であった。
しかし世の中には”踊らないシューティング”が山ほどあるというのに、何でよりにもよって”踊るシューティング”を選んだのだろうか?

心配なのでインタビューしてみた。

ということで、レトロゲームで御馴染みの『秋葉原BEEP』店長 駒林氏と共に、M2へお邪魔させていただいた。

IMG_2724のコピー_1024


[写真]「M2の皆さんは甘いものがお好きなんで、十万石饅頭もってきました。」とは店長談。

ここからはインタビューの模様をお届けしたいと思う。

――早速ですが、まずは「何故『フィーバロン』なのか?」というところからお伺いさせていただければと思います。

堀井:言っちゃうと、私が好きだから、ということになるんですけども。『フィーバロン』を、”奇ゲー”っていう言い方をしますけど、それに僕が魅せられていたのと、ケイブさんの事情的にも多分、M2に好き勝手やらせるにしても、大失敗しても、最悪――。

長野:(ケイブさんは)そんなこと言ってないよ!ぶっちゃけて言うと、池田さん(池田恒基氏/株式会社ケイブ取締役副社長)が、「いいよ」と。

堀井:M2の事情的には、『フィーバロン』にこだわる必要はなかったんです。

長野:まぁ、突き詰めていくと「社長が好きだから」っていうだけですね。(笑)

―― では、実際の移植作業に携わった皆さんの考える、『フィーバロン』の魅力とはどのようなところでしょう?

堀井:ノリが無いと避けられない弾速の弾と、あとはサイボーグ兵士を取り逃すとスコアの素点が「1」に戻るっていう……。

長野:それはさ、ウリじゃなくてダメなトコなんじゃないの?

堀井:ダーメじゃなくて!!!

全員:(笑)

堀井:ソコこそがフィーバロンの特徴であり!そこで、もう、もぅ、「オーマイガッー!」ってなるのが!間違いなく!で、「自分でゲーセンでやったら(メンタルとか色々)やられちゃうなぁ」と。なので、「いつか自宅でやりたい!」と思っていたので、本当に今回感無量なんですよね。

長野:でも、それ相当偏ってると思う。本当にみんなに「ここが良いでしょ!」って言えんのか?っていう。

堀井:まぁでもその辺って、ゲーセンでやるのはキツいけど、家で何度もやりなおせるから……。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy