体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪に来たら名店「ふる里」の平打ちうどんは食べておきたい

f:id:mesitsu_lc:20170407163617j:plain

こんにちは。メシ通レポーターのケメコです。

読者の皆さんには、これを食べると落ち着けるっていう食べ物はありますか?

わたしは胃の調子があまりよろしくないときや、バタバタして食事時間がとれず、とりあえずなんか食べな……とテンパっている時は、必ずうどんを食べています。

さらさらと食べられて、ひと時ホッとできるうどん。

中でもとくに、やわらかでツルツルと箸がすすむ大阪うどんは格別です!

そんな大阪うどんの名店が「ふる里」。大阪市営地下鉄・谷町線の谷町九丁目駅からほど近く、また近鉄上本町駅からも歩いてすぐのこのうどん屋さんは、多くの有名人からも愛される超人気店なのです!

今回は、そんなとっておきの名店「ふる里」についてご紹介したいと思います。

昭和23年創業・屋台から始まったうどん屋さん

f:id:mesitsu_lc:20170407163717j:plain

時代を感じさせる店構え。黄色の屋根がとても目立っているのですぐに見つけられます。

f:id:mesitsu_lc:20170407163731j:plain

あ〜ほっこりします、この感じ。

奥にはゆっくりできるテーブル席もあり。

f:id:mesitsu_lc:20170407163745j:plain

「ふる里」は、昭和23年に屋台から始まった老舗のうどん屋さん。やさしい大阪うどんの味わいを求めて、この日も学生風の若い方から長年の常連さんと思しきご夫婦など、さまざまな方が来店されていました。

24時間営業なので、飲んだシメのうどん的な使い方もできるのがうれしいところ!

f:id:mesitsu_lc:20170407163857j:plain

うどんだけでなくお寿司も食べられるのが「ふる里」の特徴。ショーケースの中から自由にお寿司を取っていくスタイルです。

f:id:mesitsu_lc:20170407163911j:plain

お皿によって値段が分かれています。明朗会計!

f:id:mesitsu_lc:20170407163928j:plain

テーブルには揚げ玉が用意されていて、好みでトッピングできるのもうれしいですよね。

職人さんが手掛けるうどん&お寿司

f:id:mesitsu_lc:20170407164013j:plain

この日訪れた時間帯が夕方だったので少しゆったりしており、厨房は職人さんおひとりで回していらっしゃいました。

f:id:mesitsu_lc:20170407164031j:plain

注文が入ると5つの鍋を同時に操って次々と仕上げていきます。

f:id:mesitsu_lc:20170407164052j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。