体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三重松阪「あら竹」を食わずして駅弁を語るなかれ【黒毛和牛てんこ盛り】

f:id:Meshi2_IB:20170315131343j:plain

全国の有名な駅弁を一堂に集めた駅弁大会。言わずと知れた百貨店やスーパーなどで開催される人気のイベントだ。

そんな数あるイベントの中で店頭に並んでから、あっという間に売り切れてしまうほど超絶人気の駅弁が三重県にある。それはJR紀勢本線・参宮線・名松線、近鉄山田線の松阪駅で売られている、株式会社新竹商店の駅弁だ。

駅弁ファンのみならず、鉄道マニアも知らない人はいないらしく、フードライターの私は食べたいという欲求を抑えられなくなってしまった。駅弁大会の開催を待つよりも、松阪市なら名古屋から近鉄特急で約1時間で行ける。車でも高速を使えば1時間半ほど。

これはもう、行くしかあるまい。

看板商品「元祖特撰牛肉弁当」

f:id:Meshi2_IB:20170315130813j:plain

駅弁は松阪駅構内の売店のほか、JR松阪駅前通にある「あら竹 本店」でも買うことができる。

f:id:Meshi2_IB:20170315130830j:plain

「いらっしゃいませ~!」と、元気いっぱいに出迎えてくださったのは、株式会社新竹商店の四代目社長、新竹浩子さん。

彼女は営業のみならず、製造や広報もこなす敏腕社長。駅弁のみならず、彼女もまた駅弁ファンや鉄道マニアで知らない人はいないほどの有名人。まずは株式会社新竹商店の歴史について聞いてみた。

「ウチのスタートは、明治28年に松阪駅の売店から。当時はいなり寿司や助六寿司、幕の内弁当などを売っていました。転機が訪れたのは昭和34年のことです。国鉄・紀勢本線の全線開通(名古屋~天王寺)を祝う記念イベントに新しい駅弁を発売することになったんです。当時は東京オリンピックを控えて、全国的に郷土色の強い駅弁が増えつつありましたね。松阪といえば牛肉ということから、私の祖父である二代目社長は全国で初めて牛肉を使った駅弁を考案しました。それがウチの看板商品である『元祖特撰牛肉弁当』です」(新竹さん)

f:id:Meshi2_IB:20170315130909j:plain

これが「元祖特撰牛肉弁当」(1,350円)。

f:id:Meshi2_IB:20170315130921j:plain

開けると、牛肉のいい香りが漂ってくる。

f:id:Meshi2_IB:20170315131018j:plain

使用する肉はA5等級の国産黒毛和牛。松阪市内にある松阪牛・黒毛和牛専門店「丸中 本店」から仕入れている。手軽さがウリの駅弁らしからぬこだわりぶりだ。

f:id:Meshi2_IB:20170315130956j:plain

では、実食!

肉のきめが細かくて、やわらかい。醤油ベースのタレと肉本来のうま味が相まって、ご飯がめちゃくちゃ進む! ご飯のおかずとしてのポテンシャルは最高だ。

ん? そういえば、牛肉は冷めると固くなって風味も落ちるはずでは……。

「イイところに気が付きましたね! 発売当初から、冷めてもやわらかくておいしい牛肉の駅弁を作ることが最大のテーマでした。祖父は祖母とともに毎晩仕事が終わってから肉を焼いては翌朝に食べることを繰り返していたんです。焼き方や使う醤油を変えたりする中で、下味にぶどう酒(赤ワイン)を加えることにたどり着きました。また、脂が少なくてやわらかい内モモの肉を使うのがいいことも分かってきました。『元祖特撰牛肉弁当』は、そんな祖父母の苦労のおかげでこの世に誕生したといってもいいと思います」(新竹さん)

ファン心に刺さる「掛け紙」

うまさは言うまでもないが「元祖特選牛肉弁当」が、鉄道マニアに絶大な支持を受けている理由はまだある。

f:id:Meshi2_IB:20170315131258j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。