体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【台湾グルメ】激ウマメニューばかり! 話題の台湾グルメ記事3選【まとめ】

f:id:Meshi2_IB:20170119162407j:plain

近くて遠い国・台湾。

でも、同じ東アジア圏でもあり、味の好みも似ているからか、台湾のおいしいものは私たちの舌にもぴったりと合いますよね。

ここでは密かにブームとなりつつある、台湾の激ウマメニューを紹介しちゃいましょう!

海外旅行気分で、ドゾ!

注目の台湾グルメ! モツと鶏肉、あさりのプリプリの食感とうまみがはじける「麺線」もう食べた?

ここで新たに猛プッシュしたい台湾グルメがあります。それは「麺線(ミエンシエン)」。かつおダシのきいたとろとろのモツ入りスープに柔らかい細麺がからむ絶妙な味わいで、日本人にも間違いなく好まれる味なのですが、なぜか日本では食べられるお店があまりないのです……。

f:id:naruse_e:20160603182310j:plain

新宿駅から西新宿方面に歩いてお寺の裏に入ると、目に入るのが大きな看板。ここですね。わかりやすい。お邪魔します!

f:id:naruse_e:20160603182344j:plain

お店の中はこんな感じの雰囲気です。カウンター9席のみのこじんまりとしたお店。

f:id:naruse_e:20160603183108j:plain

▲麺線 レギュラーサイズ(600円)※お昼はテイクアウト用の器に入れてワンコイン(500円)で提供されています

そして、これが噂の「麺線」です!

では、さっそくいただきます……。うわっ! カツオだしのうまみがブワーっと口の中に広がったと思ったら、モツと鶏肉、あさりのプリプリの食感とうまみがはじける。とろみのあるスープと柔らかい素麺が渾然一体となって、のどの奥に染み渡ります。そしてふわりと八角とパクチーの香り。う、うまーいっ!

昼は麺線専門店「台湾佐記麵線」として営業しているこのお店ですが、夜になると「台湾バル888」と店名を変えて、「自家製台湾ソーセージ(香腸)」(530円)や「大根モチ 新竹在住・張さん直伝版」(480円)など台湾料理や台湾ビールを楽しめるのだそう。

仕事帰りにフラッとひとりで立ち寄るのもいいかもしれませんね!

www.hotpepper.jp

駒込に台湾誕生。本場の味に感涙! Taiwan Kitchen Kanoka

さてお次はこちら。JR駒込駅東口から徒歩1分のところにある、台湾料理のお店が「Kanoka」です。

f:id:uralatokyo:20160619102049j:plain

JR駒込駅東口から徒歩1分のところにある、台湾料理店「Kanoka」。

外観はフェミニンな雰囲気。しかしその実態は、男性の胃袋も歓喜させる、本格台湾料理が味わえる骨太のお店。これもひとつのギャップ萌えですね。

f:id:uralatokyo:20160619102101j:plain

以前は日暮里・舎人ライナーの扇大橋駅そばにお店を構えていましたが、駒込に移転してきました。

f:id:uralatokyo:20160619102203j:plain

オーナー、店長、シェフの三役を務めるのは、台南出身の劉 謙誠(リュウ チェンザン)さん。親愛、敬愛の意を込めてママと呼ばせていただきま。

f:id:uralatokyo:20160619102242j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。