体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神奈川西部エリアのグルメキーワードは「ラーメン+α」~名店巡礼 神奈川西部エリア編~【タベアルキスト】

f:id:hotpepper-gourmet:20150915174153j:plain

みなさんこんにちは、メシ通レポーターのタベアルキストWakuiです。

今回も我々タベアルキストが、わざわざ食べに行く価値のある逸品を提供しているお店

へ実際に訪れ、食べまくる究極の食べ歩き「名店巡礼」をお届けします。

~名店巡礼 神奈川西部エリア編~

f:id:tabearukist:20170308193536j:plain

今回の巡礼先は、神奈川県の「神奈川西部エリア」を選びました。店主のこだわりを感じる渾身(こんしん)の一杯を食べるためだけに訪問する、価値のある5軒をセレクト。朝7時の整理券を求め都心を5時前に出発し、相模湾に昇る美しい朝日を横目に1軒目のお店を目指します。

ちなみに神奈川県の巡礼は、湘南エリア編・逗子葉山エリア編に続いて3回目。よろしければこちらもご覧ください。

www.hotpepper.jp

www.hotpepper.jp

それでは、名店巡礼 神奈川西部エリア編スタートです!

1軒目:らぁ麺屋 飯田商店
逸品:つけ麺

1軒目はラーメンフリークなら知らない人はいないと言われている、湯河原にある「飯田商店」。

f:id:tabearukist:20170308195045j:plain

早い人は朝7時から配布される整理券を求めて来る方もいて、土日の開店時には約100人待ちが発生することもあるそうです。

f:id:tabearukist:20170308195501j:plain

▲つけ麺(1,000円)

昆布のぬめりをまとった麺を、濃厚な生揚げ醤油の香ばしさを放つつけ汁にサッと付けていただきます。

比内地鶏からとった鶏油のパンチも加えられ、上品でありつつもワイルドな面を持つ味の複雑さに脱帽です。

f:id:tabearukist:20170308195639j:plain

麺は、あらかじめ昆布と鰹(カツオ)の水出汁に浸かった状態で提供されます。

f:id:tabearukist:20170308195735j:plain

▲わんたん入り醤油らぁ麺(1,100円)

国産小麦100%にこだわった、絹のような喉越しの自家製ストレート麺と比内地鶏、名古屋コーチン、山水地鶏などの丸鶏、ガラからとったぜいたくなスープが特徴です。

わんたんは白と黒の2個入り。白は山水地鶏、黒は純粋金華豚など高級食材をふんだんに使用し、技巧を凝らした一杯が楽しめます。

お店情報

らぁ麺屋 飯田商店

住所:神奈川県足柄下郡湯河原町土肥2-12-14

電話番号:0465-62-4147

営業時間:11:00~15:00頃 ※材料切れ次第終了

定休日:月曜日・第3火曜日(祝日の場合翌日)

ウェブサイト:http://r.iidashouten.com/

執筆者:Hideyuki Asaka

2軒目:麺工房 隠國 愛川本店
逸品:隠國塩スペ

2軒目は神奈川県の北西部に位置する愛甲郡愛川町にあり、自然あふれる素朴な風景にひっそりと佇む山小屋のようなお店、「麺工房 隠國 愛川本店」です。

f:id:tabearukist:20170308200340j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。