ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

宇宙特集:BO NINGEN Special Shoot & Interview

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

Edit: Ryoko Kuwahara | Photo Edit : Ryoko Kuwhara | Photography: Akiko Isobe | Hair&Make-up: Masayoshi Okudaira | Model: BO NINGEN

BO NINGENの魅力のひとつは中毒性と言われる。音圧、シャウト、歪み、ループーーともすれば不快にもなりかねないファクターが彼ら4人を通すことでトリップを誘う装置へと変わる。その装置がいかに生まれえたのかという疑問とともに、音楽と宇宙という壮大なテーマをぶつけてみた。

——ノイズ、サイケというと、幻想的だったりトリップするような感覚という意味でなのか、よく宇宙的な表現を使われますよね。BO NINGENも今はまたちょっと違うフェイズだけど、昔は特に轟音というイメージがあって。うるさいはずなのに気持ちいいという不思議な感覚に陥るんです。

TAIGEN「確かにBO NINGENはうるさいという定評がありますよね(笑)。まあ、ノイズでいうと、赤ちゃんがノイズを聴いて寝るのは気持ちいいからというのと、守るためにシャットダウンしているという両方の説がある。見ていると気持ちいい感じなんだろうとは思うけど、胎児の時は身体の中で聴こえてくる音がうるさかったと思うんですよね。轟音での恍惚はその疑似体験なのかな」

MONCHAN「僕は一回、無聴覚を体験したことがあって。完全なサイレントで鼓動と脈の音しか聴こえないところに入ったことがあるんだけど、そこに2時間くらいいたら錯乱するらしいんです。本当にものすごく気持ち悪くなったから、雑音は大切だなと思いました」

TAIGEN「すごいね、そんな体験してたの知らなかった(笑)。でもね、うちらの昔の曲を聴いていると、実はアルバム全体でうるさいわけじゃないんです。だから、ライヴの印象じゃないかなと。ライヴでは、他のバンドに出てない周波数は出てると思う。ベースで言うと他のバンドがカットする周波数をカットしないし、ギターもアンプに無理させてようやく出る音だし、ドラムも歪みとかが全然違う。この間、MONCHANが『ライヴハウスのドラムを使ってても自分の音が出るんだね』って言われてたけど、うちらは機材が違ってもやらなきゃいけない環境が続いてたので、自分の音を出すというのはずっと技術+気合いでやってきた。他のバンドで削られている音が出ていたり、音が綺麗に切ったり別れたりもしてないから、聴覚的にこれまで体験したことがない音としてうるさいと言われるかもしれないし、うるさいけど嫌じゃないということにもなるかもしれない。なんにしろ、『こんなの初めて』って言われるのは嬉しいよね(笑)」

——(笑)。作るときにもヘルツだったり、そういう部分でのトリップ感を意識することはありますか?

TAIGEN「作るときにはないけど、録音物にするときに周波数のところで色づけしていくというのはあります。イギリスっぽいのはミッド・レンジで、アメリカっぽい音にするには高音のザラッとしたところをつけるとか。国によって周波数の好みがあって、日本人は高周波数を高尚なもので、低周波数はよくないと思っているという説があったりする。能などでも、高音で神を呼ぶという考えがあるから高い音を使うとか。日本は地震もあるし、昔の建築からしても下からの音というのがあまりよいとは思われていなかったのかもしれない。それに比べ、大雑把に言うと欧米ともに海外はもっと大地に近い音が力の源とされている気がします。イギリスも低音を意識する文化だからライヴハウスはもちろん、パブですら下の音が出るんです」

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy