体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビル1階の空室スペースが0.5坪のお店が集う場に。「バザール千駄木」に行ってみた

【画像1】バザール千駄木(写真提供/バザール千駄木)

東京・千駄木の街角に、一風変わった商いスペース&コミュニティスペースがある。ビルの1階部分に複数のお店が集まり“小商い”を行う、「バザール千駄木」だ。いち事業者にテナント貸しするのではなく、何かを売ってみたい個人を集めて空間をシェアしている。空きスペースのユニークな活用方法としても注目を集めそうなこの試み。その仕掛け人たちに話を聞いてみた。

月1.5万円から始められる「小商い」スペース

東京下町「谷根千(やねせん)エリア」の一角として人気の千駄木エリア。不忍通り沿いのビルの1階に「バザール千駄木」はある。26坪ほどの空間にいくつもの「屋台」が並び、お菓子を売ったり玩具を売ったり。中には、プロが10分1000円でメイクしてくれる「お化粧屋」なんていうのもある。各々が思い思いの「モノ」や「体験」を販売しているのだ。【画像1】バザール千駄木(写真提供/バザール千駄木) 【画像1】バザール千駄木(写真提供/バザール千駄木)【画像2】室内には小さな三角形の屋台が8台並んでいる(写真提供/バザール千駄木)

【画像2】室内には小さな三角形の屋台が8台並んでいる(写真提供/バザール千駄木)

「2017年の1月から5月14日までの期間限定の試みとしてスタートしました。目的は、近い将来に店舗を持って小商いをしてみたい方が、トライアル的に店舗運営をシミュレーションできる場所を提供することです」

と話すのは、バザール千駄木をプロデュースする一級建築事務所「HAGI STUDIO」の菊池さんと、運営をサポートする大見謝さん。実際の店舗を借りるとなると初期費用がかさみ、気軽に始めることは難しいが、ここは敷金・礼金・保証金など全て不要。初期費用は4万7000円のブース料(屋台購入費)と1万円の事務手数料のみで、月の賃料は1万5000円と破格だ。(共益費込み)。割り当てられるのは0.5坪という狭小スペースだが、“小商い”には十分だろう。

「出店者は全員女性で40代前後の方が中心です。お店をやるのは初めてという方が多いのですが、なかには地域のマルシェなどでスポット的に出店経験のある方や、すでに店舗をお持ちで、いずれ谷根千エリアにお店を構えたいからと、地縁をつくる目的で出店されている方もいらっしゃいます。海外から輸入したおもちゃを扱う店、りんご畑を営む農家さんの菓子工房など、バラエティ豊かなお店が軒を連ねていますよ。また販売だけでなく、ハンコづくりやクレヨンで描いた絵をアイロンで布バッグにプリントするワークショップなども行っています」(菊池さん)【画像3】季節の果物を使ったスイーツジャムが並ぶ「りんご畑の菓子工房 千果」(写真撮影/榎並紀行) 【画像3】季節の果物を使ったスイーツジャムが並ぶ「りんご畑の菓子工房 千果」(写真撮影/榎並紀行)【画像4】こちらのジャムが本当においしかった! そのままなめても甘ったるくなく、フルーツの爽やかな酸味が感じられて、まるで「スイーツ」のよう(写真撮影/榎並紀行) 【画像4】こちらのジャムが本当に美味しかった! そのまま舐めても甘ったるくなく、フルーツの爽やかな酸味が感じられて、まるで「スイーツ」のよう(写真撮影/榎並紀行)【画像5】眉の描き方やファンデーションのつけ方といった“化粧術”を体験できる「Universelle」(写真撮影/榎並紀行) 【画像5】眉の書き方やファンデーションのつけ方といった“化粧術”を体験できる「Universelle」(写真撮影/榎並紀行)【画像6】自然素材を大切にしたおもちゃを扱う「Rainbow Seeds」(写真撮影/榎並紀行) 【画像6】自然素材を大切にしたおもちゃを扱う「Rainbow Seeds」(写真撮影/榎並紀行)【画像7】なお、運営側の大見謝さん自身も「カクテル商店」というブースを出店。ライター業の縁から商品をセレクトし、沖縄のルートビアなどを使った特製ジュースも提供する(写真撮影/榎並紀行)

【画像7】なお、運営側の大見謝さん自身も「カクテル商店」というブースを出店。ライター業の縁から商品をセレクトし、沖縄のルートビアなどを使った特製ジュースも提供する(写真撮影/榎並紀行)

金儲けに走る大家にはなりたくない。大家には「街づくりの担い手」という責任がある

「バザール千駄木」の企画が立ち上がったのは昨年10月。そもそものきっかけは、ビルのオーナーによる「この場所で面白いことがやりたい」という思いだったという。

1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。