体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

意外と簡単! チーズフォンデュ、その可能性とポテンシャル

f:id:uralatokyo:20170110105605j:plain

もう春はすぐそこまで来ていますが、冬は家飲みに限ると思っている、ゆきちゃめゴンです。だって、外で飲んだら帰ってくるとき寒いんですもん。

ただ、家飲みはつい同じようなツマミに偏りがちなのが難点なのだなぁ。意外性があって面白いツマミはないかと考えたあげく、今夜は思い切ってチーズフォンデュを作ります。意外と簡単だし、なんといっても楽しそう。

それでは、レッツ トライ!

材料はシンプル。具はお好みで!

[材料] ピザ用チーズ 200g 白ワイン 100cc 小麦粉 大さじ2ぐらい

[お好みで入れるとよいもの] 塩コショウ ナツメグ

f:id:uralatokyo:20170110105900j:plain

チーズは本格的にやる、かつ予算に限りがないのならグリュイエールチーズやエメンタールチーズを使ってもいいのですが、普通のピザ用チーズでもじゅうぶんです。あと、ワインは牛乳で代用してもOK。

f:id:uralatokyo:20170110110432j:plain

まず、フライパンでワインを少し煮てアルコール分を飛ばします。

f:id:uralatokyo:20170110110553j:plain

そこへ小麦粉と混ぜておいたチーズを投入し、なめらかになるまでかき混ぜます。

ここで味見をして、味が濃いのが好きな方はこの時点で塩コショウで味をプラス。さらにナツメグなんかもひと振りすると、ちょっとオトナな味になりますよ。

あとはフォンデュ用の器に移してフォンデュするだけ!

そのまま加熱できるフォンデュ用鍋を使っているなら、もちろんそのままで大丈夫です。

いざ、フォンデュ

まずはよくある具材。

f:id:uralatokyo:20170110114222p:plain

フランスパン、ブロッコリー、プチトマト、ソーセージなどをフォンデュ。

うーん、アツアツのトロッとしたチーズが具材によくからんで美味しいです。

ぜいたくな気分〜。

しかし! もっと冒険したい

もちろん一般的な具材でも美味しいのだけど、意外な具材も試してみたい……と思ったのでここからはチーズフォンデュのセカンドステージ。

いろんな具材をフォンデュしてみてレポートします。

f:id:uralatokyo:20170110113107j:plain

まず、フライドポテト

これは間違いのないところ。想定内だけど、普通にフライドポテトを食べるよりグレードアップされており、美味しいです。

f:id:uralatokyo:20170110113308j:plain

次は焼き鳥

え? と思うかもしれないんですけど、これが意外といけました。

焼き鳥は串にささっているその形状からもそもそもフォンデュ向き。今回は塩で試しましたが意外とタレでもいけるかも。

f:id:uralatokyo:20170110114329j:plain

そして、ちくわ

これはアレですわ。チーチク

なめらかでゴージャスなチーズチクワです。なんかもうビールとか焼酎とかのほうが合いそうな感じになってきました。

f:id:uralatokyo:20170110114439j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。