ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌 Vol.1

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから高校生たちに届ける応援歌 Vol.1

夢があるから専門分野の学校へ進学したいけど、現実的な道を歩んだほうがいいのか、悩んでいる。

 

そんな人のために、人気急上昇中の4人組ロックバンドKEYTALKからのメッセージ第一弾。

 

メジャーデビュー以来、快進撃を続けて、初の日本武道館ワンマンライブのチケットは即日SOLD OUT!

 

さらに、初の横浜アリーナワンマンライブが発表され、ますます注目を集めているKEYTALK。

 

そんな彼らは、高校~大学時代に出会い、4人全員がそれぞれ音楽系の大学や専門学校で理論を学び、技術を磨いていったという。

 

では、どんな学生時代を過ごしていたのだろう?

 

音楽の道に興味がある高校生は必見!

 

第一弾では、なんのきっかけで楽器と出会い、どんなふうにメンバーを集めて、なぜ音楽系の学校への進学を決意したのか、詳しく聞いてみた。

 

「バンドかっこいい!」きっかけは高校の軽音楽部

 

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから 高校生たちに届ける応援歌 Vol.1

左:ギターの小野武正さん   右:ドラムの八木優樹さん

 

KEYTALKは、ギターの小野武正(おの たけまさ)さんとドラムの八木優樹(やぎ ゆうき)さんが埼玉県・西武台高等学校の軽音楽部で出会ったことから始まった。

 

「体験入部で楽器を触らせてもらったんですけど、そのときにギターを弾いていた武正くんの態度がデカすぎて、上級生かと思いました(笑)」(八木さん)

 

「中学2年のときからアコースティックギターを始めて、エレキギターも弾いていたので、軽音楽部のある高校を選んだんです。

 

かなり軽音楽部に力を入れている学校だと聞いていたので、楽しみに入学しましたね」(小野さん)

 

「ぼくは、最初、部活に入るつもりがなかったけど、クラスメイトに誘われて軽音楽部の新入生歓迎コンサートを観たら、『バンドかっこいい!』って思ったんです。

 

それで自分もやってみたくなって入部しました。最初はギターをやろうかなと考えていましたが、ちょっと難しくて…。

 

ドラムは叩くだけで音が出たので(笑)」(八木さん)

 

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから 高校生たちに届ける応援歌 Vol.1

左:ギターの小野武正さん   右:ドラムの八木優樹さん

 

スタートは対照的な小野さんと八木さんだったが、一緒に演奏したり、話をしてみると気が合ったという。

 

部活以外でも2人で貸しスタジオでASIAN KUNG-FU GENERATIONなどのコピーをして練習。

 

さらに軽音楽部の同級生2人を誘って、KEYTALKの前身であるrealというバンドを結成した。

 

初心者だった八木さんは、早く上手くなりたくて、高校1年の秋から音楽教室でドラムを習い始め、小野さんも同じ教室に通った。

 

「ぼくと八木くんは、どんどん上達していったのですが、他のメンバーとはバンド活動に対する意識の差みたいなものが出てきてしまって……。

 

高校2年になるころ、『オレら、そんなガチじゃないから軽音楽部だけにするわ』と2人ともバンドを抜けてしまったんです」(小野さん)

 

お互いに「スゴイな」と認め合って3ピースがそろった

 

音楽系の大学・専門を卒業したKEYTALKから 高校生たちに届ける応援歌 Vol.1

左:ボーカル&ベースの首藤義勝さん   右:ボーカル&ギターの寺中友将さん

 

それでも、メンバー募集をしながら地元のライブハウスに出演していた小野さんと八木さん。

 

高校2年の夏、ライブで共演したことがきっかけで、埼玉県立所沢高等学校に通っていた同級生のボーカル&ベースの首藤義勝(しゅとう よしかつ)さんと知り合った。

 

「そのとき、義勝くんのベースプレイがすさまじくて、圧倒されましたね」(小野さん)

 

メンバー全員の演奏テクニックには定評があるKEYTALKだが、首藤さんのベースは独学にも関わらず、すでに高校時代にその片鱗を見せていたようだ。

 

「ぼくは、中学生のときにベースを始めました。

 

最初はギターにも挑戦したんですけど、教則本にあった『ちょうちょ、ちょうちょ』が一生かかっても弾けないんじゃないかってくらい難しくて(笑)。

 

あきらめてベースにしたんです」(首藤さん)

 

中学校では野球部だった首藤さん。

 

友達同士でコピーバンドを始めて、高校で軽音楽部に入り、地元のライブハウスにも出演するようになった。

 

しかし、高校2年の夏にrealと首藤さんのバンドが共演して3人が出会ったものの、その後1年くらいは一度も会う機会がなかったそう。

1 2次のページ
スタディサプリ進路の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy